2020/02/26

コーチングの基本、「ラポール」とは

皆さん、「ラポール」という言葉を聞いたことはありますか?

 

普通に仕事をしている上では、あまり耳にすることはないかもしれません。

「ラポール」は、コーチングをするにあたりとても重要であり、基本となるものといわれています。
そこで今回は「ラポール」についてご紹介したいと思います。

 

●ラポールとは

「ラポール」(Rapport:心と心のつながりという意味の心理学用語)とは、「心が通い合っている状態」、あるいは「信頼関係が築かれている状態」をいい、もともとの言葉の意味は心の架け橋という意味です。

 

●ラポールの効果とは

このラポールが構築できると、お互いのアイデアや考えがスムーズに理解しあうことができるようになり、生産的な会話が生まれやすくなり、質の高いコミュニケーションが生まれ、たとえば、「カウンセリング、コーチングの場面での信頼感や安定感が高まったり」また「会議などでのプレゼンテーションで説得力が高まったり」…
もちろんビジネス上だけでなく、ご家庭での関係性も良くなり、より良好なコミュンケーションや関係性を築くことができるようになります。
つまり、全ての人間関係において必要とされる、意思疎通をはかるための土台といえるのです。

 

●ラポールの築き方

ラポールを築くための代表的なスキルとして、ペーシング、ミラーリングといったものがありますが、最も重要なのは、相手の存在を認め、相手の言葉、行動において「信頼」しているということを表現することではないでしょうか。
例えば、「心から相手の目をみて挨拶をする」、「ありがとうの感謝の気持ちを伝える」・・・・など、一見簡単なことのように思えますが、この忙しい現代において、こういった行動ができないでいる方は多いのではないでしょうか。

こうしたスキルのうち、本日はペーシングを簡単にご紹介いたします。

 

<ペーシング>
ペーシング(Pacing)とは、相手と歩調を合わせることです。
対話をする中で、相手の話すスピードやトーンを合わせたりすることがよく言われているペーシングの方法です。
例えば、相手がゆっくり考えながら話すタイプの人であれば、そのペースに合わせるようにこちらもゆっくり応じます。けっして、こちらから急かしたり、まくしたてたりはしないことです。

 

また会話だけでなく、相手の表情や動きをみて、同じ表情をしたり、呼吸を合わせたりします。
相手が、話をしているうちに表情を曇らせたことがわかったら、こちらもその気持ちを汲み取るように、表情を変えてみてください。相手と同じ気持ちになるようになることで、その状況や背景を想像することができることもあります。
こうして、相手とペースを合わせていくことにより、お互いの間に協調性や連帯感、安心感を持ってもらることができるのです。

 

今回は、ペーシングをご紹介しましたが、ラポールを築くための方法としてそのほかにもいくつかスキルがあります。
ただ、先にお話をしましたように一番重要なことは「相手の存在を認め」、その気持ちを表現していくということです。
難しく考えると行動にしにくくなりますので、まずは、身近な家族や、仕事上で一番やりとりの多いメンバーや部下に声がけを始めてみるのもいいかもしれませんね。
まずは身近なところからぜひ活用してみてください。

 

2019/11/06

クリティカルシンキングー批判的思考ーについて

ビジネスにおいてだけでなく、あらゆるシーンで問題解決の手法としてよく耳にするようになった「クリティカルシンキング」。

 

弊社代表の清原もこの「クリティカルシンキング」に触れながら、コーチングや組織開発に関するお話を今までに何度かさせていただいたことがあります。
そこで今回は、この「クリティカルシンキング」についてご紹介したいと思います。

 

●クリティカルシンキングとは

 

そもそも「critical(クリティカル)」とは、「批判的な」といった意味の単語ですが、「クリティカルシンキング」とは、『健全な批判的精神と客観的な思考』を持ち、最適解を見つける思考法といわれています。
問題が生じたとき、その事象や情報を鵜呑みにせず、「本当に正しいのか」という疑問を持ち、問いかけ続けることで「今までにない」また「真の解」を見つけることができる思考法です。

 

この「クリティカルシンキング」は、2016年のダボス会議において「2020年に必要なビジネススキル」のランキングで2位となるほど、世界的に注目されており、アメリカでは、小学生からクリティカルシンキングのスキルを意識した学習が行われているそうです。
そういったことから、クリティカルシンキングはとても重要視されているのです。
※ダボス会議とは:世界経済フォーラムが毎年1月にスイス東部の保養地ダボスで開催する年次総会。

 

●クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違い

 

クリティカルシンキングと同様にビジネスシーンでよく耳にする「ロジカルシンキング」。
この2つの違いとは何なのでしょうか。

 

ロジカルシンキング:物事に筋道を立てて、各段階、各要素別に分類、分解して思考する

 

クリティカルシンキング:物事の前提の正誤を検証し、その事象の本質を見極めていく思考

 

クリティカルシンキングとロジカルシンキングは、まったく別の思考ということではなく、双方をうまく活用することで真の解に導くことができるのです。

 

●クリティカルシンキングの3つの基本姿勢

クリティカルシンキングの基本的な姿勢として下記の3つがあげられれます。

 

(1)目的は何かを常に意識する
(2)自他に思考のクセがあることを前提に考える
(3)問い続ける

 

【出典・引用元】
グロービスMBAクリティカル・シンキング:グロービズ経営大学院著、ダイヤモンド社

 

(1)目的は何かを常に意識する
根本的な解決をするために「なぜ思考するのか」という目的を明確にすることがとても大切です。
ゴールが何なのかを定めることで、根本的な解決を目指すことができます。

 

(2)自他に思考のクセがあることを前提に考える
わたしたちの思考は、育ってきた環境や今までの経験により構築されるため、皆それぞれ「思考の癖」というものがあることを認識することが重要です。
それを認識し、客観的な視点を持つことで今まで意識していなかった癖を把握することができます。

 

(3)問い続ける
あらゆるビジネスシーンにおいて答えはひとつではありません。
現代のビジネスシーンにおいては、正しいと思った解が導けたとしても変化が激しいため、その解がずっと継続するわけではありません。そういった変化に対応するためにも、「常に問い続ける」ということが重要です。

 

クリティカルシンキングいかがでしたでしょうか。

単に「批判的になる」ということではなく、一番最初にありました「健全な批判精神を持って客観的に思考」し続けることが常にできるようになることで、問題の本質を見極めるようになり、より生産性の高い仕事ができたり、最終的には組織全体に良い影響を与えることができるのではないでしょうか。
クリティカルシンキング、まずは身近なところから活用してみてください。

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら