2016/09/11

事務所を移転しました

こんにちは。

 

株式会社リバース・フロウ 代表 清原です。

 

この度、当社は本社を移転しました。

 

以下、新たな住所および連絡先です:

 

■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏

 

東京都港区南青山5−10−11 第一菅谷ビル202

(03)3409-9933

 

■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏■❏

 

表参道徒歩3分、青山学院大学アイビー通り沿いに

あります。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
代表取締役

清原 豪士

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/08

ホームページをリニューアルしました!

株式会社リバース・フロウのホームページがマイナーチェンジしました。

ブログ、Facebookともに、新鮮な情報をUPしていきます。

皆様、あらためてよろしくお願いいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/10

共感力はそのまま自己愛の深さ

こんにちは。

エグゼクティブコーチ、チームビルダーの清原です。
コンサルタントや士業の方々から、よくこんなお話を聞きます。
「共感できないと、私たちはクライアントを失ってしまう。
どうやったら共感力を身につけることができるんだろう」
弁護士、会計士、税理士ほか、私のようなコンサルタントに
分類される人たちは、当たり前ですが、クライアントあっての
商売です。
そして当たり前ですが、クライアントに共感できないというのは、
教員免許を取らないで、教師をやっている
医師免許を持たないで、医者をやっている
と本質は同じだと思います。
どういうことか。
クライアントは、本当に困っていることを、じつは自分でも
わかっていない、と私は思っています。
悩んでいることだけはハッキリしている。
でも、その原因は、まず本人が思っていることとは違う。
こんなことがよくあります。
共感力とは、自分のことのように感じる、とよく言われますが、
私は違うと思います。
共感力とは、
自分のことのように感じ、反応し、それがクライアントに届いて
ようやく完了です。
ここまでやってクライアントは、気づきます。
自分が抱えている本当の問題から、目を背けていた、と。
つまり共感力のあるコンサルタントや士業の方は、
ふだんは見えない問題をあぶり出し、解決への糸口をくれます。
「彼/彼女に話せば、前に進める」とクライアントは思ってくれます。
共感力のないコンサルタントや士業の方は、
目に見えている問題ばかりにかかりきになり、
本質的な問題が見えないあまり、すぐに「こうすべきだ」と
持論を振りかざします。
「彼/彼女に話しても、話を聞いてくれない」と、言われる始末です。
ではなぜ、「共感力のない人」と「共感力のある人」がいるのでしょう。
それは、とてもシンプルです。
自己愛の深さと、人への共感力は、比例する。
と私は思っています。
部下のことばかりが気になり、彼らのためにほとんどの時間を割いて
自分を犠牲にする上司がいます。
自分よりもお客様を優先し、すべての要求やリクエストに答えようと
身を粉にするプロがいます。
自分よりも上司の顔色が気になり、あらゆる仕事のタイミングを
その上司に合わせるサラリーマンがいます。
そんな人は、自己愛が浅い、のです。
この間、多忙を極めながら充実感がない、というあるクライアントに、
「じゃあ今から、私の言うとおりに、後に続いて真似してください」と
言い、こう続けました。
その言葉とは、
「私は、
よくやっている」
その直後、そのクライアントは静かに涙していました。
悩みながらも、パフォーマンスをあげようと頑張っている人たちは
たくさんいます。
それは、お客様のため、愛する部下のため、尊敬する上司のため、
大切な家族のため、かもしれません。
しかし、あなた自身のことを、あなた以外に、
誰がわかってくれるのでしょうか。
誰が、ねぎらってくれるのでしょうか。
自分以外の誰か、のために頑張りながらも、自分にちゃんと
向き合ってほしいな、と。
余裕がないのは、自己愛を失っている、ということ。
自己愛がないのは、それだけ共感力を失っている、
ということ。
共感力を失っているというのは、それだけ人のことが
本当は見えていないということ。
私はそう思います。
ふとわれに返ったとき、「私はよくやってる」と
立ち止まることが、一日に何回できますか?
器を満たせない人が、人に注いであげることなんて、
できませんよね。
peace-of-mind-349815_1920

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山5-10-11 第一菅谷ビル202
TEL:03-3409-9933
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/23

人をつなぐのは「質問力」しだい

こんにちは。

エグゼクティブコーチ、チームビルダーの清原です。
今回のパラリンピック、色々と感動しました。
民法ではほとんど放映されてませんが、NHKでは、
お金を我々から巻き上げている以上、やらざるを
得ないのでしょう。
かなりの頻度で放映してくれていましたね。
ド肝を抜かれたのは、(ウィルチェアー)ラグビーです。
唯一、障害者競技において、車椅子での体当たりが認められて
いるという種目。激しすぎます。
日本は見事、悲願の銅メダル獲得。鳥肌が立ちました。
エースである池崎選手に密着取材した番組(民法)を
見ていたときのことでした。
そのときの違和感をつづります。
この選手の家族との生活を撮影しているなかで、たまーに
撮影側が質問を投げかけるシーンがあるのですが、
そのときにやたらと気になった「たずね方」がありました。
それは、池崎選手がお気入りのラーメン店で、ラーメンを
食べていたときのことです。
「不便なこと、ないですか?」
という質問です。
池崎選手は人格者なのですね。
サラッと、
「特にないですよ。障害者は生活を工夫していますから」
と答えていました。
恐らく我々健常者と言われる人たちは、障害者を
目の当たりにしたとき、無意識に思っています。
「きっと、不便に違いない」
「なにか、手助けできないかな」と。
気をつけなければいけません。
そこに、我々が「手を差し伸べてあげる」側としての
エゴが生まれているからです。
つまり、勝手に「助ける側」に立ち、彼らに対して
「上から目線」になっているわけです。
このインタビュアーの「不便なことはないですか?」は、
まさに、エゴの塊のように、私には響きました。
その「質問力」のなさは、致命的ですらある、と。
自分のエゴに気づかず、
全国に放映する責任にも気づかず、
人に対する敬意をなくしていることにも気づかず、
撮影のプロとして、ほとんどこいつは失格だと思いました。
私はこの質問を聞いたとき、こういう風に捉えました。
「不便なこと、あるんでしょう?」
決めつけが、質問のニュアンスを変えます。
しかも、本人はそれに気づいていない。
障害者の方に、「不便なことはないですか?」
とたずねたところで、一体何を知ることができるのでしょう??
質問した側にとってみれば、単なる「場つなぎ」的な
投げかけだったかもしれません。
しかし、投げつけられた本人の、一瞬、呆れたような
表情、間(ま)は、何より質問者の愚かさを現していた
気がしてます。
質問力のなさは、場合によっては命取りとなります。
私はコーチとして、質問力をトレーニングとして人に
教えるような立場でもあります。
だから、質問は、する前の一瞬、吟味するよう心がけて
います。
で、私がもしこのインタビュアーだったら、何を投げかけていたか?
同じくラーメンを食べるのをご一緒しながら、
「ここには、どれくらいの頻度で来ているのですか?」
「お子さんも、よく連れてくるのですか?」
「激しい運動をしていると、やはり炭水化物は欠かせませんよね?」
そしてもし、不便さについて聞くのなら、こうたずねます。
「これがあったら便利だな、と思うことってありますか?」
質問を工夫する努力は、生きている限り怠ってはいけないと
思った瞬間でした。
prayer-1380214_1920
お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山5-10-11 第一菅谷ビル202
TEL:03-3409-9933
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/11

被害者の長男に学びました

こんにちは。

エグゼクティブコーチ、チームビルダーの清原です。

 

いよいよ秋、の雰囲気ですね。

今日は横浜のクライアント家族と、食事をいただきました。

とても素敵なご家族で、その運の良さも納得できるほど

幸せな雰囲気でした。

 

さて、今日は、長男から学んだことを綴ります。

 

週末の学校で、長男はスマホと財布を盗まれました。

 

ひとり教室で作業をし、職員室に提出に行っている

わずか5分間で、カバンからスマホと財布が何者かに

取られたのです。

 

盗まれた、と断言しているのは、

ついさきほど、犯人が名乗り出てきたからです。

 

 

本人が何か間違って失くしたのでは、というところから

始まりましたが、珍しく本人は、「それは絶対ない」と

断言するものですから、あとは。。。

 

クラスメイトを疑う

隣のクラスメイトを疑う

たまに教室近くをウロついている上級生を疑う

 

色んな疑惑が浮かんでは消え、

それでもやはり、疑うことを口にできないもどかしさに

家族で苛まれていました。

そして、学校に手紙を書いたちょうどその頃、電話があったのです。

 

 

長男は、スマホアプリの「マインクラフト」(通称マイクラ)が

得意です。

自分だけのワールドを作り、そこにオンラインを通して

世界中のプレイヤーを招待するゲームです。

 

圧倒的にすごい世界観から、クラスメイトからも、それについては

ヒーロー扱いを受けるほどです。

 

その自分の世界を投影したスマホが、なくなったのです。

 

そのスマホが姿を消した2日間。

 

私は、長男の姿をよく見ていました。

 

長男はときたま、

「僕のスマホ、どこいったのかな」

としか、言いません。

 

私は正直、この二日間の彼の姿に、感動していたのです。

 

だって、だれもが認めたガキ大将だった私なら、

「どこのどいつが、盗んだんだ!ギタギタに切り刻んでやる」

を300回くらい言っていたでしょう。

 

しかし、長男は、盗まれた、と言わないんです。

「誰がやった?」ではなく

「どこに言った?」なんです。

 

長男は、被害者です。

加害者に対して文句を言ってもバチは当たらない。

 

それが、「僕のスマホ、どこにいったのかな」だけです。

 

 

涙が出ました。

 

 

そしてさきほど。。。

 

泣きじゃくるクラスメイト(盗った本人)から家に電話。

学校で大事になることが怖くなって、電話をしてきたのです。

 

離れて聞いてる私にも聞こえるぐらい、向こうのご両親が

どなり散らしているのも聞こえます。

「ごめんね。ゆるして」

と言っているようです。

 

 

長男は、

「うん。大丈夫だよ。ありがとうね、電話。

明日、返してね。おやすみ」

だけ、でした。

 

彼は今日、夢中になっている弓道部の練習に、

行かれませんでした。

特別に教室に入れてもらって、失ったものを

探しまわっていたからです。

 

それにも関わらず、大切なものをいたずらで隠した

同じ部のクラスメイトに、この対応です。

 

 

私は今回、彼から学びました。

 

「罪を憎んで、人を憎まず」とは、

こういうことを、言うのかと。

 

彼は人に対して怒りを向けませんでした。

スマホが早く返ってきてほしい。

その願いしかありませんでした。

 

憎しみ、怒り、落胆。

彼はかる~く乗り越えてしまっていたのです。

 

電話を切ったあと、ちゃんと彼にはフィードバックしました。

 

「お前のこの二日間の姿勢を見ていて、俺は本当に

すごいと思った。

尊敬するよ」と。

 

そして思いました、「ツイてる人間って、沈むのも最短」

だな、と。

 

 

 

mural-1331783_1920

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/08/30

そのコーチングが機能しない理由(その②)

こんにちは。

エグゼクティブコーチ、チームビルダーの清原です。

 

 

昨日、ある研修会社の社長とお話をしていた際に出た

話題です。

 

「そもそも人が他人と関係をこじらせたとき、

 

すぐに感情に任せて、相手をさばこうとする。

 

そんな人に決定的に欠けているのは、【思考力】

 

なんだと思う」

 

とのことでした。

 

 

すごく理解できます。

 

 

私が考える「思考力」って、

 

1)今起きている状況を冷静に受け止める。

 

2)なぜ相手がそのような言動にいたっているのか

を想像する。

 

→生い立ち、キャリア、その上に積み上がった価値観など

 

3)相手の気持ちになる。

 

4)相手の言動を生ませた「理屈」を理解する。

 

ここまでのことだと思います。

 

これは、自分で考えながら自分自身の反省するところも

多いにあったりします。

 

 

しかし、これを考えたとき、元も子もないですが、

こんなことを悟ってしまいました。

 

こういう人たちって、だいたい相手からすると

「頭が悪い」と切り捨てられてきたんだな、と。

 

すごくもったいない、と。

 

例えば営業担当のサラリーマン。

 

「思考力」がないのは、致命的です。

 

お客様の言っている言葉にそのまま反応し、

「それが答えだ」と思い込みのまま

商品を売り始める。

 

お客様からすれば、

「あなたでなくて良い」ということになりますよね。

「わかってくれてない」から。

 

 

地頭が悪い。という言い方もできますね。

 

では、地頭の良さ、とは、

 

 

1)ものごとから、その背景を「想像」し、

 

2)要素ごとに「分析」し、

 

3)今度は「構造化」し、

 

4)「本質を理解」する

 

 

ことかなと。

 

 

ではさらに、これを、我々コーチに置き換えてみると。

 

思考力の低いコーチは、最悪です。

 

クライアントは、被害者にすらなります。

 

 

クライアントの発する言葉、表情にいちいち反応し、

 

「辛いですね。たいへんですね。わかります」を連発。

 

それだけです。

 

ただクライアントに共感していれば、自然と問題は

解決すると、本気で思っているらしい。

 

 

こういうタイプのコーチの決定的な特徴は、

 

思考力がないことに加え、

 

自分自身に酔う傾向がある。

 

という詐欺師のような要因を備えています。

 

 

わかりますか?

 

「辛いんですね。わかります」だけ連発しているコーチの

表情をよく見てください。

 

クライアントのことなんか考えていません。

 

クライアントに耳を傾け、共感している自分に酔っている

のです。

 

安っぽい。本当に共感していないのがすぐにわかります。

 

この時点で、お金は返すべきですね。

 

さらに彼らは、「無意識」のうちに、クライアントを自分に

「依存」させようとしています。

 

気持ちをわかってくれるコーチだ、と理解させるのです。

 

 

では伺います。

 

気持ちをわかってくれるコーチ、

 

一緒に問題を解決してくれるコーチ、

 

あなたならどちらを選びますか?

 

 

ということで、今日のまとめは、

 

「コーチングスキルなんて、思考力の大切さに比べれば

 

天と地の差があるほど、どうでも良い」ということで。

 

 

では、良い一日をお過ごしください。

 

man-silhouette-1245650_1920

 

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら