2016/03/15

事例その④「理屈はいいからさっさとやれ」

みなさん、こんにちは。

 

パーソナルプロモーターの清原です。

 

 

エグゼクティブコーチングのテーマ事例、その④は「理屈はいいからさっさとやれ」です。

 

エグゼクティブになれば、当然それまでよりも忙しくなります。

 

コーチングを重ねていると、よく耳にします。

「あの部下はよく仕事はやってくれるんだが、理屈が多くてね。

つべこべ言わずに言ったとおりにやってくれればいいんだよ。

こっちだって忙しいんだから」

 

「忙しい」が、「人に押し付ける」ことができる言い訳になると、思ってるようです。

 

しかし、忙しいと感じているのは、部下だって同じです。

 

エグゼクティブには、「自分が忙しい」という、「自分だけの都合」で、

人の気持ちをないがしろにする権利があるのでしょうか?

 

コーチングだけでなく、組織開発のワークショップを行なっていてもよく感じるのですが、

どれだけ質の高い話し合いができても、最終段階で、それまでの話し合いがウソのように、

一気に上司の意見に帰結する、というものです。

 

「私の言うことを聞いていれば、間違わない」

「考えてるヒマがあったら、言われたことをやっていれば良い」

 

こういうホンネは、そのエグゼクティブの未熟さが、痛々しいほどその組織に反映されてしまいます。

 

つまり、「考えることを放棄したチーム」を作ってしまっているわけです。

行き着く先は、リーダーが判断を間違えば、全員が転覆する、という結末です。

 

 

だって、リーダー以外は、判断することを許されないのですからね。

 

 

もし部下から質問されたら、こう言ってみましょう。

 

 

「君はどう思う?」

 

 

聞いてくれる、という安心感が組織に共有されるだけで、雰囲気はずいぶんと変わります。

 

 

エグゼクティブとして、「忙しい」は言い訳にならない。

むしろ、「部下の芽を摘む」ことになるのです。

 

 

※近日中の主なスケジュール:
3月17〜18日 企業研修
(大手化粧品メーカー 所長)
3月19日 エグゼクティブコーチング
(大手食品メーカー マネージャ)
コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月22日 エグゼクティブコーチング
(大手外資IT 所長)
3月23日 ワークショップ
(大手飼料メーカー)
3月24日 コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月30日 クライアントフォローアップイベント

 

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

smart-725843_1920

2016/03/14

事例その③「何も任せられない」

皆さん、こんにちは。

 

パーソナルプロモーターの清原です。

 

エグゼクティブコーチングのテーマその③は、「何も任せられない」です。

 

 

「なんでも自分がやらないと気がすまない」

 

「部下の仕事をだまって見ていられない」

 

「自分がやった方が早い」

 

 

このタイプのエグゼクティブも、多いですね。

 

プレイヤーとして腕を鳴らした自分に、絶対の自信がある人によくあるケースです。

絶対の自信があるから、部下とはいえ仕事を任せることができない。

自分がやったほうが、失敗がないから。

 

そして、本来やるべき組織のマネジメントをズルズルと先延ばしにしている、という状態。

 

これが何を招くか?

 

「チームの弱体化」です。

大海原で、船頭を失い、迷走のあげく転覆していく船。。。に例えられますね。

 

コーチングを重ねていると、このタイプのリーダーには、2つの本質が隠されているように思えます。

 

1)「究極の保身」

2)「極端な人間不信」

 

「自分がデキる仕事しかしない。失敗しないから、それをやっていれば安心。

これを奪われるのは、新しい仕事をして失敗するかもしれない。

それは、俺のプライドが許さない」

というホンネです。

 

エンパワーメントとは、「仕事を任せる」と言われますが、その本質は、「新たな仕事を開拓するために」人に仕事を任せるのです。

 

部下を信じることで、失敗はあるかもしれません。

 

エグゼクティブコーチングでは、想定される失敗をできるだけ計算しますが、それでも、現実には予想外のアクシデントも起きるものです。

 

しかしリーダーは、それすらをも飲み込んで、行先を見失わず、深いレベルで組織に浸透させていかなければいけません。

 

いつまでも古い仕事にしがみついでいないで、信じ、手放し、起きうる現実を受け入れる覚悟を、固めてみませんか?

 

heavy-934552_1280

 

※近日中の主なスケジュール:
3月17〜18日 企業研修
(大手化粧品メーカー 所長)
3月19日 エグゼクティブコーチング
(大手食品メーカー マネージャ)
コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月22日 エグゼクティブコーチング
(大手外資IT 所長)
3月23日 ワークショップ
(大手飼料メーカー)
3月24日 コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月30日 クライアントフォローアップイベント

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/13

事例その②「それを聞いてもムダ」

皆さん、こんにちは。

パーソナルプロモーターの清原です。
エグゼクティブコーチングでよく出る話が、これです。
特に優秀なプレイヤーだったエグゼクティブに、見られるクセだと言えます。
しかもこのテの話は、部下について圧倒的に多く、そこにはこんなホンネが隠れているようです。
部下は、私よりも劣っている。
▶私は部下よりも優れている。なぜなら私はエグゼクティブであり、上司だから。
部下は、必ず失敗する。
▶私は、それについての絶対的な、唯一の解決方法をしっているから。
部下は、アイデアを持っていない。
▶私は、私の期待する答えしか、受け付けないから。
エグゼクティブをコーチングさせていただく際、あまり見たくない自分のエゴに向き合っていただく必要があります。

自信があるエグゼクティブほど、この作業はツラいものになります。
深く内省ができれば、それだけ【行動変革】は効果的なものとなります。

コーチングとは、まず自分と向き合うことから。

パフォーマンスよりもまずは、深い『人間味』を追求しましょう。
参考↓【上司の20のエゴ】、あなたはいくつチェックがつきますか?

上司の20のエゴ

 

※近日中の主なスケジュール:
3月14日 講演「コーチングで実現するチーム今日の具体策」
(SMBCコンサルティング様)
3月17〜18日 企業研修
(大手化粧品メーカー 所長)
3月19日 エグゼクティブコーチング
(大手食品メーカー マネージャ)
コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月22日 エグゼクティブコーチング
(大手外資IT 所長)
3月23日 ワークショップ
(大手飼料メーカー)
3月24日 コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月30日 クライアントフォローアップイベント

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/10

事例その①「周り全員がアホに見える」

皆さん、こんにちは。

 

パーソナルプロモーターの清原です。

 

花粉が本格化して3週間ほどになるでしょうか。

 

私はこの時期、多くの例に漏れず、マスクやメガネなど

重装備をして外に出かけてます。

 

思えば花粉症になったのが15才。

28年の付き合いなんですね、花粉たちと。。。

 

と思っていたところ、今日セッションを行なったクライアントに

それを話したら、

 

「私なんて、ちょうど30年ですよ」

 

。。。上には上がいました。お気持ちお察しします。

 

 

 

さて今日は、銀座に本社がある某大手食品メーカー、

シニアマネージャーとのエグゼクティブコーチングでした。

 

この方とのコーチングが始まったのは、およそ半年前。

 

開始当初のクライアントの課題は、「ステークホルダーとの関係性」でした。

 

わかりすく言えば、「仕事ができすぎて周りがアホに見える」というクセです。。。

 

人は、心で思っていることは、口ぐせ、行動となって必ず出ます。

「いや、私はそんなことない。気をつけているから」と多くの人は言うでしょう。

 

申し訳ないですが、それは全否定させていただきます^^;

 

言葉に出ない。行動に出ない。だから安心?

 

甘いです。

いい年になれば、誰しも、表に出さない小細工くらいは身につくでしょう。

 

ところが、それは、「油断」したときに、必ず

 

表情に出ます。

ふとしたため息にに出ます。

冷たい視線に出ます。

歩き方に出ます。

息づかいに出ます。

メールの文面に出ます。

いつも使わない言葉やトーンに出ます。

モノを乱暴に扱うしぐさに出ます。

もっと言えば、オーラに出ます。

 

。。。どうでしょうか?

 

ステークホルダーは、これらを五感によって、敏感に感じ取ります。

 

当社がフィロソフィーとする【陽明学】によれば、これこそ『知行合一』なのです。

 

つまり、

「思っていることは必ず表に現れる」

思うことと行うことは、同じなのです。

 

あ、知行合一の意味を勘違いしている方も多いですが、

それは二次解釈だったりしますので、ご注意ください^^;

 

 

とにもかくにも、このクライアントは「周り全員がアホに見える」という、

その見方を【行動変革】によって、改善に取り掛かっていただきました。

 

具体的に日々、取り組んでいただいたのは、例えば

「ポジティブな声がけ」をするとか。

「目を見て最後まで話しを聞く」とか。

「指示する前に質問する」とか。

「与えた仕事は口を出さないで、最後まで任せきってみる」とか。

 

「なんだそんなことか」と言われるくらいのことかもしれません。

 

しかしどうでしょうか。

エグゼクティブになればなるほど、「悪いクセ」は、会社に「甚大な悪影響」を与えしまいます。

 

部下の気持ちは離れ、耳を貸さなくなり、優秀な人材から離れていく。

協力会社は、都合の良い報告しかしなくなる。

 

エグゼクティブはこうした影響力をもっています。

 

 

現在のこのクライアントですが、当初5ヶ月間は、本当に苦労しながらがんまりました。

 

そして前回、うれしいコメントを。

「人って本当に変われるのですね」

 

実際に部下にヒアリングしました。

「とても仕事がしやすくなりました」

「任せてもらうことが多くなり、信じてもらっていると思えるようになりました」

「がんばっている途中にも、励ましてもらえて、今は尊敬しています」

「ちょっとしたことでも相談しやすくなりました」

 

たかが行動変革、されど行動変革。

 

エグゼクティブコーチングは、意外なほどシンプルなテーマから取り組みが始まることが多いのです。

 

まずは、ご自身の影響力がいかほどのものか、ニュートラルに見てみませんか?

 


※近日中の主なスケジュール:
3月11日 企業研修「褒める力」
(大手食品メーカー IT部門)
3月14日 講演「コーチングで実現するチーム今日の具体策」
(SMBCコンサルティング様)
3月17〜18日 企業研修
(大手化粧品メーカー 所長)
3月19日 エグゼクティブコーチング
(大手食品メーカー マネージャ)
コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月22日 エグゼクティブコーチング
(大手外資IT 所長)
3月23日 ワークショップ
(大手飼料メーカー)
3月24日 コラボイベント
(EPICE Japon様)
3月30日 クライアントフォローアップイベント

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

businessman-598033_1920

2016/03/08

第2回開運合宿”Better Fortune Club #2″決定!

皆さん、こんにちは。

パーソナル・プロモーターの清原です。

 

前回、大々好評をいただいた【開運合宿】が帰ってきます!

 

第2回、風水開運合宿は、

「参加要件ナシ」!

限定、15名!

 

パワースポットにてエネルギー調整

人脈形成

開運ポイントの学習

おいしい料理

 

開催日時:5月28日(土)〜29日(日)

場所:房総方面

※詳細は↓をクリックしてください^^

 

第2回開運合宿_160528案内(F)

 

先着順ですので、定員になり次第締め切らせていただきます(_ _)

 

お問い合わせ、お申し込みは、↓メールにてお待ちしております。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら