2016/04/02

事例⑨『部下が顔色を伺ってる』

みなさん。こんにちは。

パーソナル・プロモーターの清原です。

 

 

エグゼクティブコーチングのテーマ事例その⑨は

『部下が顔色を伺ってる』です。

 

エグゼクティブになっても、その自覚がないときに出る、

典型例です。

 

私の経験値では、どういうわけか男性エグゼクティブに

多く見られるような気がします。

 

機嫌が良いとき、悪いとき。

気分によって態度を変えるから、現場が混乱します。

 

社員からすれば、

「なぜ今日は機嫌が悪いのか、わからない。

いったいどうすれば良いの?

とにかく今は、関わらないでおこう

と思います。

 

そして、おそらく後になって重大な影響をおよぼすことになる

報告や相談が、その時点で上がってこなくなるのです。

 

そのエグゼクティブに秘書がいれば、

「あの。今日の●●さん。話しかけても良さそうですか?」

なんてたずねる社員が増えたり。。。

 

 

そして極めつけは、機嫌が良いときに、

「●●くん、今日もオシャレだね〜。良いことあった?」

と、はしゃぎ回る。

 

 

こんな不安定さがあっては、現場にとっては、質の悪いクレーマー

よりも、さらに対応に苦慮しなければなりません。

 

 

エグゼクティブの方々へ。

自分の影響力の大きさに、気づいていますか?

 

「最近、社内で、質の良い対話や相談ごとが減ったな」と思ったら、

 

それはあなたが原因であることが多いのです。

 

 

この言葉を贈ります。

 

知行合一

 

思っていること、考えていることは、

言葉と行動にそのまま出る。

 

という意味です。

 

人に鈍感なエグゼクティブは、自分にも鈍感です。

 

感情のレベルが今どこにあるのか、まずは『自分に敏感に』なりましょう。

 

fear-1267725_1920

 

※近日中の主なスケジュール:
4月 7日  新入社員トレーニング(大手IT)
4月 9日  エグゼクティブコーチング(大手素材役員)
4月12日 新入社員トレーニング(大手IT)
4月13日 エグゼクティブコーチング(外資メーカーマネージャ)
4月14日 エグゼクティブコーチング(会計事務所社長)

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/31

事例⑧「なんでできないの?」

みなさん、こんにちは。

パーソナル・プロモーターの清原です。

 

エグゼクティブコーチングのテーマ事例⑧は

「なんでできないの?」です。

 

 

なんでこんなことが、できないの?

なんで、私の言ったとおりにできないの?

 

つい言いたくなってしまう言葉です。

 

 

では、言われた側から、率直に答えましょう。

 

「だって、私はあなたじゃないから」

 

こう答えるしかありません。

 

 

なんで、できないの?という質問には、

 

「あなたは私の言ったとおりにする義務がある」

「あなたには、選ぶ権利なんかない」

「あなたの意思なんか、私には関係ない」

「私は、あなたを好きなようにする権利がある」

 

これは極端に突き詰めると、

「あなたは、人じゃない」

ということになるわけです。

 

 

でも、言った側は、本当は何が言いたいのでしょうか?

 

「あなたには、それができるようになってほしい」

ですよね?

 

それなら、

 

どうして、思い通りにならないことで、相手を責めるのですか?

 

責めるべきは、あなた自信です。

 

 

あなたの、ボキャブラリーのなさです。

 

あなたの、伝える力のなさです。

 

あなたの、人と真摯に向き合おうとする意思のなさです。

 

 

できるようになってほしいなら、

 

できるようになるまで伝え続ける。

 

一緒に振り返って、学ばせる。

 

自分で考えさせて、やらせてみせる。

 

 

ぐらいはできませんか?

ましてや、エグゼクティブなら、それが仕事です。

 

 

コーチングのセッションで多発される、部下へのボヤキ。

気持ちはよくわかります。

 

しかしエグゼクティブとして、あなたは現場というステージから

降りたのです。

 

ステージから降りたら、ステージで演じ続ける人たちをいかに

気持よく、その気にさせるか。

 

コーチングでは、そのためのマインドセットを整えます。

 

 

「なんでできないの?」というセリフは、だれもハッピーにしません。

言った側の強烈なエゴと、それを受けた側からの「軽蔑」の余韻が

残るだけです。

 

woman-975339_1920

 

※近日中の主なスケジュール:
4月 7日  新入社員トレーニング(大手IT)
4月 9日  エグゼクティブコーチング(大手素材役員)
4月12日 新入社員トレーニング(大手IT)
4月13日 エグゼクティブコーチング(外資メーカーマネージャ)
4月14日 エグゼクティブコーチング(会計事務所社長)

 

 

お気軽にご相談ください^^

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/30

女性エグゼクティブにこれさえあれば

みなさん、こんにちは。

パーソナル・プロモーターの清原です。

 

先日は、なぜ女性エグゼクティブが男性と比べて飛躍できるのか、

を書きました。

 

今日は少し視点を変えて、女性エグゼクティブ、キャリア女性、

女性起業家の、およそ半数(たぶん)が苦手とすることについて

触れます。

 

これも、たった一点だな、と思います。

 

それは

「中長期的な視点」を持つこと、という一点です。

 

長い目で見て、戦略的にものごとを組み立てる視点をもつことが、

苦手な方が多いのではないかと思います。

 

ただ、返して言うなら、

 

目の前のことに、あらん限りのエネルギーを注げる集中力がある。

 

ということも言えるのです。

 

 

ここで、女性エグゼクティブ、キャリア女性、女性起業家たちにには、

自分なりのビジョンをもってほしいです。

しかも、明確な。

 

ビジョンとは、なりたい姿、Being、というものです。

 

心の底からワクワクするような、いつもそのことを考えずには

いられない、というものです。

 

 

ビジョンがハッキリもつことさえができれば、

 

中長期的なペース配分ができたり、

寄り道をしないで済んだり、

口うるさい男性エグゼクティブに振り回されなかったり、

 

良いことがいっぱいです。

 

一般的な男性と違って、女性エグゼクティブ、キャリア女性たちは、

ためらいなく過去を切り離せる。

未知の世界に、飛び込めるパワーを持っています。

 

飛び込んだら、次にやることは「中長期的な戦略」を持つこと。

これが加わったとき、女性エグゼクティブたちは

最強のセルフプロモーターになるはずです。

 

「人生が楽しすぎる」感覚を、もっと味わうことが

できるはずです。

 

 

女性シルエット(光2)

 

 

※近日中の主なスケジュール:
3月29日 コラボイベント(開運カラーサロン)@EPICE JAPON
3月30日 エグゼクティブコーチング(大手食品マネージャ)
クライアントフォローアップイベント
4月 7日  新入社員トレーニング(大手IT)
4月 9日  エグゼクティブコーチング(大手素材役員)
4月12日 新入社員トレーニング(大手IT)
4月13日 エグゼクティブコーチング(外資メーカーマネージャ)
4月14日 エグゼクティブコーチング(会計事務所社長)

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/29

私が起業した本当の理由

みなさん、こんにちは。

パーソナル・プロモーターの清原です。

 

私はこれまで会社を3社つくりました。

 

今の会社は3社めですが、20代、30代に作った会社はそれぞれ

倒産、買収によってなくなりました。

さすがに学んだことも多かった。

 

なんで懲りないのか?

 

私はこの3社めは、少なくとも20年は成長させ続ける予定です。

 

なぜなら、これまでのサラリーマン生活と社長生活で得てきた「点」が、

ようやく世間様を納得させることができるようになってきたから。

 

といえば聞こえが良いですが、、、

 

私が腹をくくって起業した本当の理由は、

 

「壮大なる公私混同」を実現させたいがためです。

 

笑ってしまうくらいシンプルな理由ですよね。ププ

 

 

どういうことか、もう少しわかりやすく言うと、

 

私が本当にそうしたい人にだけ、価値を届けたい。

 

つまり、

 

自分と、自分の大切に思う人たちに、間接的ではなく

直接、価値を届けたい。

 

そんな理由です。

 

ましてやもう、私が価値を感じないアホな上司や、

顔の見えないユーザーに、何も提供する気になれないのです。

 

つまり、

 

もう宮仕えができない体質になってしまったわけです。

 

 

私はこれから、少なくとも死ぬまで。

 

私自身と、私が本当に大切に思っている人たちに、直接

価値を届けます。

 

そのために、40代で起業をしました。

 

FullSizeRender (2)

 

※近日中の主なスケジュール:
3月29日 コラボイベント(開運カラーサロン)@EPICE JAPON
3月30日 エグゼクティブコーチング(大手食品マネージャ)
クライアントフォローアップイベント
4月 7日  新入社員トレーニング(大手IT)
4月 9日  エグゼクティブコーチング(大手素材役員)
4月12日 新入社員トレーニング(大手IT)
4月13日 エグゼクティブコーチング(外資メーカーマネージャ)
4月14日 エグゼクティブコーチング(会計事務所社長)

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/28

女性エグゼクティブが飛躍できる理由

みなさん、こんにちは。

パーソナル・プロモーターの清原です。

 

キャリア女性、女性エグゼクティブ、女性起業家。。。

 

私のクライアントの8割を、女性が占めます。

 

わざわざ選んでいるわけではありませんが、みずから

「コーチングを受けたい」と、自腹を切る覚悟をもった

クライアントは、女性が圧倒的に多いのです。

 

もちろん、その覚悟のある男性もいらっしゃいます。

 

ただこの男女比率は、私のクライアントの中だけの話ではないようです。

ある意味、現代のビジネスシーンの縮図、と言えそうです。

 

女性のクライアントはほぼ全員が、結果を出します。

 

なぜ、キャリア女性、女性エグゼクティブが、それほど結果を出すのか?

 

それは、男性(あくまで一般的な)と比べるとわかりやすいです。

(ただし、私の数少ない男性クライアントも、結果を出していますよ)

 

一般的な男性ビジネスマンと、女性エグゼクティブ、キャリア女性との違いは

ひとことで言うと

 

「過去の自分を捨てられる」

 

ということです。

 

何のためらいもなく。

 

ほしい未来が見つかった瞬間に。

 

思い切って飛び出すことができる。

 

 

ところが、一般的な男性ビジネスマンに多いのは、

 

過去の自分の成功体験、功績に、縛られやすい体質を持っているようです。

 

だから、変わろうと思っても、何かあるとすぐに「自分の過去の引き出し」を

開けようとするのです。

 

不確かなことに踏み出すのが、怖い。

 

そんな体質を持っているようです。

 

 

男女差はない、と言いたいところですが、あくまで一般的な男性ビジネスマンと

キャリア女性、女性エグゼクティブとの差は、そんな「体質」の違いにあると

思えます。

 

woman-912367_1920

 

※近日中の主なスケジュール:
3月29日 コラボイベント(開運カラーサロン)@EPICE JAPON
3月30日 エグゼクティブコーチング(大手食品マネージャ)
クライアントフォローアップイベント
4月 7日  新入社員トレーニング(大手IT)
4月 9日  エグゼクティブコーチング(大手素材役員)
4月12日 新入社員トレーニング(大手IT)
4月13日 エグゼクティブコーチング(外資メーカーマネージャ)
4月14日 エグゼクティブコーチング(会計事務所社長)

 

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/27

人材育成ための「しつらえ」

皆さん、こんにちは。

パーソナル・プロモーターの清原です。

 

先日、某大手化粧品会社のマネージャー研修で、トレーナーを

務めさせていただきました。

 

研修のテーマは「人材育成」です。

どの企業も、優秀な人材が定着しないということに頭を悩ませています。

 

このクライアントも、同じでした。

「モチベーション高く入社してきても、それを維持させられずに

結局、辞めていってしまう」

 

営業がメインの業務なので、結果に追われることも多く、思うような

結果が出ないことが続くと、「もう無理です」となってしまうようです。

 

マネージャーとしては、こうなってしまう前になんとかメンバーたちの

変化に気づかなければいけない、と思っています。

 

計4日間、2ヶ月にわたるこの研修ですが、1日目からずっと言い続けて

いることがあります。

 

「職場をどこに導きたいのですか?」

 

という質問です。

 

つまり、マネージャー。あなたのビジョンは何ですか?

 

ということを繰り返し聞いています。

 

 

たどり着く先を伝えないまま船に乗り込ませ、メンバーにオールをもたせ、

「とりあえず漕ぐんだ」

と言っていませんか?

 

私なら、とてもじゃないですが、こんな船には乗れません。

 

いつまでに、どこにたどり着きたいのか?

 

たどり着いた先でどんな世界が待っているのか?

 

そこでは自分たちはどれほどハッピーになれるのか?

 

これらが当事者たちに理解されてこそ、

 

どんな装具で行く?

 

食料はどれだけ必要?

 

誰がどんな役割をする?

 

私はどのオールを持てば良い?

 

がわかりますよね。

 

ビジョンなんて堅苦しい表現でなくても、リーダーとなれば、何よりも優先して

やってほしいことが、まずこれです。

 

人材育成をテーマにした研修、ワークショップ、コーチング、すべての

場面において、私がしつこくたずねる質問です。

 

rafting-175603_1920

 

 

 

※近日中の主なスケジュール:
3月28日 エグゼクティブコーチング (食品メーカー マネージャ)
3月30日 クライアントフォローアップイベント
4月 7日 新入社員トレーニング(大手IT)

 

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら