2019/02/17

なぜコーチに「美」は必要か

こんにちは。
リバース・フロウの清原です。

 

花粉が飛び始めましたね。

国が進める「花粉の飛ばない杉の種」の植え

替えは、どうも想定ほど進んでいないようです。

 

戦後の国策として「林業」というブーメラ

ンを投げたまでは良かったのですが、

後世の我々に、見事に返ってきていますね。

 

迷惑この上ないですが、私たちも後世に

負の遺産を残さないよう、心を配らねばな

らないと思う、今日この頃です。

 

 

まあそれほど人間は「将来を見通すことが

できない」生き物なのですね。。。

 

 

こと現代は、「VUCAの時代」と言われてい

ます。

 

 

そんな時代、リーダーたちはどう未来を作

っていけば良いのか??

 

 

当社はブレーンチームで対話を重ね、

いくつかのコンセプトを練り上げました。

 

その重要な要素のひとつが、

 

 

美しくあること」です。

 

 

先週のメルマガでの反応が、予想を超えて

多かったことが面白かったです。

 

「清原さんて、イケメンか美女しか採用

しないのですね!」

 

うーん…

そうでもあるし、そうでもないし…

 

 

今回は、もう少し当社、つまり私が考える

 

「美しいことの基準」

 

をかみ砕いて、お伝えします。

 

 

この言葉を定義にするにあたり、まずは

「美しくないこと」の基準をいくつか挙げて

みます。

 

それは、こんなことです:

 

<「美しくない」行為編>

 

・自分の考えに固執し、周りに押しつける

(多様性も柔軟性もなく、おまけに怖がり)

 

・すぐに「保有」しようとする

(モノもカネもヒトもシェアできない)

 

・人の気持ちを汲み取れない

(人を道具として扱う無神経さ)

 

・挑戦することを恐れて他人の背後に回る

(他人の人生を生きていくリスクを知らない)

 

・自意識と自己承認欲求が行き過ぎている

(自分大好きで、他人に興味がない)

 

・学ばない

(つまり、底が浅い)

 

・ボキャブラリーがない

(つまり、●鹿)

 

・長い物に巻かれる

(主体性なく、他人の言いなり)

 

・人の噂話ばかりする

(悪いところばかりを拾っていつもイライラ)

 

・すべて他人のせいにする

(自分はいつも評論家)

 

 

<「美しくない」たたずまい編>

 

・太っている

(セルフコントロールができない)

 

・不潔、臭い、声が大きすぎる

(メタ認知力がない)

 

・横柄

(人と対等な関係を築けない弱さ)

 

・いつも不安や不機嫌さが顔に出る

(自分第一。幼なすぎる)

 

・所作、言葉遣いが下品

(デリカシーがない)

 

 

ということが、私にとって「美しくない」

基準です。

 

 

ということは、この真逆が「美しいこと」

になります。

 

 

さらに、もっと言えば、美しさは、

 

「普遍性」

 

に結びつかないと、ホンモノだとは言えません。

 

 

絶対的な美的バランスを表す、かの有名な

 

「フィボナッチ数」。

 

※詳しくは↓

https://www.studyplus.jp/445

 

 

黄金比とも呼ばれているこの係数は、

 

「美しいこと」には絶対的な基準があり、

 

誰もがそれを見て「美しい」と思えること

を、数値で証明しています。

 

つまり、世界共通、ホンモノの美しさ

を定義しているわけです。

 

 

例えば有名なのが、2つの数値で表される

 

「1 : 1.68」

 

という近似値。

 

 

身近な例でいえば、

 

・名刺のサイズ

・クレジットカードのサイズ

をはじめ、

 

・アップル社のリンゴのロゴ

・ペプシコ社ロゴ

・グーグル社のロゴ

などは、黄金比が応用されたものだと

言われています。

 

これらは「普遍的な美しさ」のうえに、

デザインがなされています。

 

 

少しでもこの比率が崩れると、どうなるか…

 

例えば名刺をもらったとき。

 

もらった瞬間「なんか、ヘン」という感覚

になったことはありませんか?

 

自分をよほどアピールしたいのか、名刺が

大きすぎたり、細長すぎたり…

 

名刺入れに収まらない名刺は、私なら

いずれ捨てます。

 

手渡す相手のことを考えてない人とは

そう永い付き合いにはならないだろうから。

 

 

 

私が訴える「美しいこと」とは、この黄金

比からわかるように、

 

後天的に学び、身につけられるものだと認

識しています。

 

 

では、私がよく問われた「イケメンと美女」

とは?

 

つまり、

 

外見だけでも、

 

内面だけでも、

 

ない。

 

といことです。

 

 

内面をともなわないイケメン、美女という

のは上記の基準に照合すれば、

 

ただの「底が浅い人」となるわけです。

 

 

つまり、美しさを人に適用するなら、

それは

 

「充実した内面とそれが反映された外見」

黄金比。

 

とも言えます。

 

外見と内面、どちらが「1」で、どちらが

「1.68」なのかで、その人の魅力の現れ方

は異なるのものの、

 

このバランスが取れてこそ、東洋哲理でい

うところの、「中庸」となるのでしょう。

 

 

そして、私がしつこくこだわるこの

テーマ。

 

 

なぜコーチに「美しさ」が必要なのか?

 

 

答えはシンプル。

 

 

美しさという普遍性を備えたコーチは、

 

 

「価値を生める人だから」です。

 

 

 

クライアントにとって価値を提供するのは

当たり前ですが、

 

それは、ある一定の法則性のもとに、説得

力のある価値でなければなりません。

 

説得力とは、それに触れたとき、誰もが

納得するような普遍性にあると考えます。

 

そのとき、その場かぎりでしか通用しない

ソリューションでは、ないのです。

 

そして、普遍性はセンスだけでなく、努力に

よって手に入れるものです。

 

当社が推し進める「リベラルアーツ」もそ

の重要な取り組みのひとつです。

 

 

リベラルアーツとは、

 

「スキル化された教養」」と考えています。

 

 

飛び道具のように使える

「武器としての教養」です。

 

 

この、教養という「普遍性」が美しさに昇

華します。

 

 

つまり、

 

美しさに昇華された普遍性は、

 

その人の知恵となって活かされ、

 

他者を導くため説得力として価値を

 

発揮するのです。

 

 

 

 

つまり、こういうことが言えます。

 

 

「美しいコーチ」でしか

「しなやかなリーダー」を開発できない

 

 

これは真実だと思っています。

 

 

美しいコーチが、これからのビジネスの

ありようを、面白くするのです。

 

 

型にハマった、堅苦しい、つまらない

コーチは、当社は必要としません。

 

 

当社のミッション”Makiing Leapers”

 

つまり、非連続性に生きられるリーダー

 

こそが、「VUCAの時代」をしなやかに

 

生き、未来を創造できると思います。

 

 

 

 

そうしたリーダーを開発するため、コーチ

は必ず美しくないといけません。

 

 

参考までに、私が考える「美しいこと」

の基準です:

 

・若い

(実年齢も精神年齢もしかり)

 

・教養がある

(さまざまな課題に、普遍的法則にもとづ

いて取り組める)

 

・他者の考えを尊重できる

(多様性と柔軟性を備えている)

 

・とりあえずシェアしようとする

(モノでもカネでもヒトでも情報でも)

 

・適度に、自分に危機感を持っている

(自分も他人も同じように愛せる)

 

・学ぶことが好き

(だから謙虚で奥深い)

 

・ボキャブラリーが豊か

(インテリジェンスは必須)

 

・信念に支えられたクリエイティビティ

(他者と違うものを見ることができる)

 

・人の良いところを見る

(だからいつも機嫌が良い)

 

・自分の責任で仕事をする

(他責にしないからストレスがない)

 

・体型もスマート

(美意識が外見に反映されている)

 

・清潔感がある

(メタ認知力が高い)

 

・言葉に愛がある

(内面の愛が表に出ている)

 

 

人類が永い時を経て培ってきた教養は、

 

使いようによって、人を自由にしてくれ

 

るはずです。

 

 

だから、コーチは「美しく」あるべき

です。

 

 

余談ですが、私は息子たちに、

「奥さんになる人は、美しくないといけない」

と言っています。

 

 

※写真は、当社ブランディングチームによる

「美しいブランド構築」ミーティングの様子。

 

 

ブランドミーティング

 

2019/02/11

私がクリエイターとしてのコーチを増やした理由

こんにちは。
リバース・フロウの清原です。

 

皆様、風邪など召されていませんか?

 

私はおかげさまで、いつでも変わらず絶好調の

毎日を過ごしています。

 

さて、多くの方から「で、次のメルマガは?」

とお言葉をいただき、ずいぶんご無沙汰して

いて申し訳く思っておりました。

 

じつは当社、昨年末から大きく体制が変わり

つつありまして、あらたな組織づくりのために

頭と体が壊れる寸前まで働いておりました。

 

正月がいつ来て、いつ過ぎたのかもわからない

ような感覚で、ようやくここに来て、頭が整理

され始めてきましたので、メルマガをこうして

お届けできている次第です。

 

 

 

さて、早いもので、当社はもうすぐ創業丸4年

を迎えようとしています。

 

最初は恐らく、周りから見ていても、足元がお

ぼつかないくらい危ういスタートだったかと思

います。

 

そして3年半たった昨年、これまでのビジネスモ

デルを大きく転換することにしました。

 

そのわかりやすい特徴としては、個人商店型ビ

ジネスの「店じまい」です。

 

一緒に仕事をしてくれる仲間を増やしたのです。

 

その仲間とは、もちろん、洗練されたプロコーチ

たちです。

 

こんな私のもとに、その分野において秀でた「職人

」と「クリエイター」ばかりが集結してくれました。

 

彼らは、私がうなされるように口にする、

 

「今のコーチング業界を変えたい」

 

という妄想に、付き合ってくれるそうです。

 

 

この業界に10年ほど身を置く私は、そろそろ

当社のミッションである

 

「Making Leapers」

 

をまっすぐに達成したい思い始めました。

 

 

リーパー。

 

つまり、このVUCAの時代にこそ、

 

・解き放たれる自由な思考

 

・飛びぬけた行動力

 

・絶大な影響力をもつ

 

人を、ひとりでも多く輩出することです。

 

 

そのためには、あたりまえですが、

コーチの頭がサビついていては、不可能です。

年を取っているとか、見た目がダサいとか

すべてムリです。

 

私はこの体制を作るにあたって、「独断と偏

見」のみを頼りに、仲間を選びました。

 

その基準とは、シンプルです。

 

・見た目が洗練されているか

つまり、イケメンか美女か、ということ。

 

・その分野を極めているか

つまり、クリエイターの目をもっている

か、ということ。

 

・若いか

そのままの意味です。

 

・素直か

いうまでもなく。

 

・コーチ経験不問

私が直接、洗練レベルまでトレーニング

するから心配ないです。

 

 

つまり、こういう人たちが、当社のパー

トナーになってくれたのです。

 

私がこのバカ広いコーチ業界に対して持っ

ていた違和感を払拭できる相棒たちです。

 

上記条件をすべてひっくり返すと、今の

コーチング業界を表していると、私は常々

思っているからです。

 

それが良く働くこともあるし、弊害になる

こともある、というのを見てきたから。

 

 

 

これからの時代、

 

日本ほどコーチングが必要とされる先進国

もないでしょう。

 

 

少子高齢化、多様化に波にあって、

それでもなお、変わろうとしないリーダーが

多いからです。

 

ひとりひとりの創造性、生産性を上げる必要

が、こんなにも喫緊の課題になっている国は

ないです。

 

 

だからこそ、従来のビジネスモデルにひたり

きったコーチはいらないのです。

 

大企業に努め、昇進や政治力の働かせ方に

長けているのが自慢だったり、

 

買収やM&Aを繰り返すことによる、拡大路線

のフレームワークから離れられなかったり、

 

若い経営者にたいして、こうした経験をまる

でアドバイザーのように押しつけたり、

 

こうしたコーチは、かえってVUCA時代の

リーダーの足を引っ張ることになります。

 

 

だからこそ、

既成の概念を覆すことに長けている

「クリエイター」の力が必要なのです。

 

クリエイター

そして、

マネジメント感覚

 

このバランスが取れたコーチを発掘すること

は容易ではありません。

 

でも、当社はそっちに舵を切りました。

 

これからは、優れたクリエイターであるコーチ

と、組織としてうごく企業になります。

 

そして目下、そのパートナーの皆さんには

トレーニングを実施中です。

 

 

VUCAの時代。

リーダーを、「リーパー」にする。

 

 

そのためのグローバルコーチング産業を

生み出したいと思っています。

 

皆さま、これからのリバース・フロウを

あらためてよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今後の展開についても、またメルマガで報告

させていただきます。

 

 

それでは、

インフルエンザや花粉症、たいへんな時期

ですが、元気に乗り切りましょう。

 

パートナーと

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら