2020/03/25

叱り下手のリーダーへ「STAR・ARフィードバック」<実践スキル編Ⅱ>

こんにちは。

 

今週の実践コーチングスキルは「STAR・ARフィードバック」です。

 

先週解説した「STAR」フィードバックに、「AR」が追加されています。

 

何が違うのか?

 

「STAR」は、褒めたいときに使えるフィードバック。

※詳しくは先週のコラムを↓

褒め下手のリーダーへ「STARフィードバック」<実践スキル編>

それにに対して、

 

STAR・AR」は、叱りたいとき、改善を促したいときに使えるフィードバックです。

 

うまく叱れない。。。

叱るときは感情任せになってしまう。。。

改善を促したとしても、まったく響いていない。。。

 

こうした悩みを抱えるリーダーは多いですよね。

 

そんなときは、こういう手順で「フィードバック」をしてみてください。

 

 

<改善を促したいときのフィードバック手順>

 

「S」situation(状況)

「T」task(やるべきこと責務)

「A」action(とった行動)

「R」result(結果)

 

ここまでは前回と同じ、さらに

 

「A」altanative action(改善策)

「R」altanative result(想定される結果)

 

ここまでです。

頭文字をとって、「STAR・ARフィードバック」です。

 

相手に改善を促さなくてはいけないとき、例えばこんなフィードバックをやってみてください。

 

「あなたはメンバーのSさんにシステムの運用法を教えていたとき(S/T)、

 

『まだそんなことも覚えてないの』と言ったね(A)。

 

Sさんはそれから、あなたに質問することをやめてしまったね(R)。

 

もっと良いやり方は、そもそもこのシステムが頻繁にアップデートされていて、覚えることがただでさえ多いと、あなたが認識することだよ(A)。

 

その認識に立ったうえで彼の状況を理解すれば、もっと彼の自尊心を守ることができ、スムーズに覚えてもらうことができるだろう(R)」

 

といった順に、

 

・まず事実を伝え(STAR)

・改善と想定を促す(AR)

 

この2つを柱に、伝えます。

 

 

「ダメだな!」「何度言ったらわかるんだ!」など、

改善を促すことに、激しい感情、激しい言葉は必要ありません。

 

これは「叱る」のではなく、「怒る」のです。

怒ると、相手は、「怒られた」ことしか記憶に残りません

「怖かった」という感情だけが、鮮明に残るのです。

いったい次にどうしたら良いのか、具体的な行動が描けないまま、ただ「あの人は怖い」と思うように、非生産的な関係性に陥ってしまいます。

 

 

そして、これは何よりも大切なので、覚えておいていただきたいことです。

 

フィードバックの受け手にとって、フィードバックはそもそも「心地の悪い」ものだ、ということです。

 

自分にとって「耳の痛い話」を聞かなければいけない状況になること自体、心持ちは良いはずないのです。

 

 

フィードバックはつまり、互いの信頼関係がないと成立しない、ということです。

 

 

もしも嫌いな上司、信頼できない上司、モラルのない上司にフィードバックされたら、いかがでしょうか?

 

わかりやすく言えば、ムカついて終わり、ですね。

 

「褒めたいときのフィードバック」よりも、「改善を促すフィードバック」は、特に、それをする側にとって覚悟のいることだ、ということを肝に銘じましょう。

 

 

ということで、先週より続いたフィードバックシリーズですが、

 

・褒めるときは「STAR」

・改善を求めるときは「STAR・AR」

 

以上を活用してみましょう。

 

感情任せの褒めや叱りよりも、効果は必ずあります。
※参考文献
https://www.ddiworld.com/products/interaction-management/star-feedback

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

愛する人に、本当のことを言われるよりは、

 

欺かれている方が、まだしも幸せなときもある

 

01

2020/03/19

褒め下手のリーダーへ「STARフィードバック」<実践スキル編>

今週ご紹介する<実践コーチングスキル>は「STARフィードバック」です。

 

うまく褒められない。
褒めても喜んでない。。。

うまく叱れない。
叱るときは感情任せ。。。

 

多くのリーダーに多い悩みですね。

そんなときは、こういう手順で「フィードバック」をしてみてください。

 

<褒めたいときのフィードバック手順>

 

「S」situation(状況)
「T」task(やるべきこと責務)
「A」action(とった行動)
「R」result(結果)

 

頭文字をとって「STARフィードバック」と呼ばれています。

特に褒めたいとき(ポジティブなフィードバックを送るとき)、シンプルに効果があります。

 

例えば、こんな褒め方です。

 

「あなたは、

先ほどのお客様からのクレームに対応したとき(「S」)

当部署のリーダーとして、担当のお客様でないにもかかわらず(「T」)

感情的な相手に対しても、まずは心のこもったお詫びをしていたね(「A」)

そのおかげで、お客様はすぐに冷静さを取り戻し、問い合わせ先が違っていたことを逆にお詫びし、御礼まで言っていたね

その行為は、皆にとって見本になるよ(「R」)」

 

といった順に、事実を追います。

 

よく言ってしまう「すごいね」とか「えらいね」だけだとは、ほとんどの場合、本人の記憶には残りません。。。

曖昧すぎるのです。

 

本人は一瞬気分が良くなるだけで、行為自体を次に活かすことができないからです。

大事なのは、みずからの行為が、どのような結果をもたらしたのかを、本人に「追体験」させることです。

それによって本人は、「自分の行為が好結果をもたらした」というストーリーをひとつ、手に入れられるのです。

 

それは、「行動強化」とも呼ばれ、その行動を自分のものとして今後、活用することが可能になります。

褒めるときは「STARフィードバック」。
ぜひ実践してください。

次の機会には、さらに上級編。


「叱る」ときに使える「STAR・ARフィードバック」をご紹介します。

2020/03/17

コーチング体験をしてみませんか?

こんにちは。

リバース・フロウの清原です。

 

今回は、私のコーチングを体験いただいた方の「感想」をご紹介します。

このメルマガを読んでいただいている多くのみなさまが、まだコーチング「未体験」です。コーチングは実際に体験してみてはじめてその価値が分かるものです。

感想を読んで「体験してみたい!」「体験させたい人がいる!」と思われた方は、このメール最後にご案内しています「無料体験」にご応募ください。

 

 

■「経営者とのコミュニケーション方法に新たな気づきが」

東京都内、メディア関係企業の管理職の女性からいただいた体験談です。

 

・体験談(2月にコーチングを体験)

打ち解けやすい雰囲気の中、コーチから問われ、自分との対話が深まることで「気づけていなかった自分自身の思いや覚悟の度合い」を認識でき、核心がつかめたことに驚きました。

自分の置かれている状況を正確に認識でき、その結果、課題と感じていた上司とのコミュニケーションや視点設定の解決方法も見えてきました。

60分間のコーチングは最初「短いのでは」と思っていましたが、詳しい説明を重ねなくても、コーチが全体像をつかみ、一貫して核心からブレないでいてくれたため、私にも心の余裕ができ、必要十分な時間だったのだと感じました。

(東京都、メディア関係、管理職、女性、M.Kさま)

 

■コーチングを体験してみませんか?

多くの企業が新年度となる4月。

新たに管理職になられた方、担務変更で新しい責任を負うことになった管理職の方、そしてエグゼクティブをサポートしているみなさまなど、コーチングの効果を体験してみませんか?

抽選により「最大3名様」となりますが、清原のコーチングを体験いただく機会を設けました。ご応募をお待ちしております。

 

【第2回・コーチング無料体験募集】

 

■体験料

無料

応募いただきました中からコーチングに適している方を抽選、無料体験をご提供します。

 

■対象期間

202041日 ~ 30

 

■コーチング概要

60分間のコーチング体験を1

10001800

※ご希望のお時間をお伺いし、調整させていただきます。

 

■場所

抽選後、メールにてご案内させていただきます。

※実施場所は、当社にて指定させていただきます(東京都心)。

※オンラインのコーチングは対象外となります。

  

■対象

・企業経営者、役員

・人事部門、経営企画部門で企業内エグゼクティブ支援を担当されている方

(ご本人、または担当されているエクゼクティブ)

「最大3名様」となります。上記2つの条件を満たさない場合、3名未満となる場合があります。

 

■体験コーチング実施者

株式会社リバース・フロウ 代表取締役 清原 豪士

 

■締め切り

2020321 18時>

下記の要領により、応募いただいた方々より抽選後、メール返信をもって日時調整させていただきます。

 

■お申し込み方法

 

下記メールアドレスに、

1)企業様名

2)部署・役職名

3)ご本人様氏名

4)ご相談内容(簡単に)

5)ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)」

6)個別相談会 ご希望の日時(3つ以上の候補日)

 

上記をご記入のうえ、ご送信ください。

追って、事務局よりご連絡をさせていただきます。

 

応募先メールアドレス:<service@re-flow.co.jp

 

 

・「わが社の永年の人材育成課題について、そろそろ解決の一手がほしい」

・「会社に提案したい企画があるが、うまく整理ができない」

・「現場で1on1ミーティングの導入を検討しているが、コーチングがどれほど効果的か知りたい」

・「チームビルディング、組織のコミュニケーションの活性化のヒントがほしい」

・「ハラスメントの防止効果があまり見えない」

 

こういった課題をお持ちの皆様、応募をお待ちしております。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

2020/03/04

今こそ考えたい。この連鎖を断ち切るために。

こんにちは。
リバース・フロウの清原です。

 

武漢肺炎の世界的拡大を抑えるため、世界中の誰もがみずからの行動を見直すよう求められています。

 

とはいえ、こういうときだからこそ、忘れてはならないことがあります。

 

 

それは、「日常を死守する」ということです。

 

 

不安は不安を連鎖させます。

 

苛立ちは苛立ちを連鎖させます。

 

 

この連鎖を断ち切る方法があるとすれば、それは「冷静さ」というスキルです。

 

今こそこのスキルを発動させるタイミングです。

 

 

 

特に、影響力を持つ人たちにお伝えしたい。

 

ムダに不安をあおらないで」と。

 

周りを安心させてあげて」と。

 

 

今、私たちの誰もが、多かれ少なかれ「不安」という感情を持っています。

 

最初はとろ火であっても、そこに油が注がれれば、一気に燃え広がります。

 

メディアに映る今の社会は、あたかも軽い集団パニック、集団ヒステリーの様相を呈しているようです。

 

ひとつの根拠ない情報に、ひとりのインフルエンサーの強い言葉に、

多くの人がなだれを打って扇動されるように、誰もが理性を失ってもおかしくない状況にも見えます。

 

 

だからこそ、私個人、できることはたったひとつだと思っています。

 

それは、過度な希望や絶望をあおるような発信をして、ムダに人をそそのかすのではなく、地味ですが「日常を死守する」ことをやり続ける、ということ。

 

私の大切にする日常。

それは、誰が見ても「どんなときも、同じことを、淡々とやっている」といった「冷静さという安心感」を、周囲に与えることです。

 

いつもどおり朝なるべく早く起きて、

いつもどおり真水を頭からかぶり、トレーニングをし、

いつもどおり昼間はお客様やクライアントとお仕事をし、

いつもどおり夜は気の合う人たちと食事をし、

いつもどおりなるべく早く寝る。

 

自分で決めたことを、毎日、何があろうと、淡々とやり続けています。

もちろん衛生上、最低限のすべきことはしています。

 

不安の連鎖、苛立ちの連鎖を、いつでもみずからの意思で断ち切るところにいたいと、思っているだけです。

 

連鎖を断ち切る唯一のもの、それは、「冷静さ」です

冷静さを自分に根づかせる、といった努力。

そして、日常というリズムを淡々とやり続けるといった、孤独への耐性が必要です

 

私だけでなく、私と同じような起業家、経営者であれば、周囲にどんな影響を与えるべきかを考えるときです。

 

 

 

冷静に。そして、淡々と。。。

 

 

皆様にとって安心できる日常が、一日も早く戻ることをお祈りしています。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

~人生とビジネスをフローにするために★☆

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

希望と恐れは不可分である。

 

希望のない恐れも、恐れのない希望も

 

存在しない。

 

01

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら