2020/04/22

なぜ東京は非常時に油断したのか

こんにちは!
リバース・フロウの清原です。

 

「密を避ける」というキーフレーズが一般認知され、これからはコミュニケーションのあり方そのものが変わりそうですね。

 

もしかするとアフターコロナの世界は、ホモサピエンス誕生から20万年の歴史の中で、初めて遭遇するような「コミュニケーション大転換時代」になるのではないでしょうか。

 

そんな中、非常事態宣言が継続中にも関わらず、感染者数で群を抜いている東京が、いよいよ油断し始めています。

 

駒沢公園や砧公園あたりで、「例年よりも多い」人出がこの週末に確認されたそうです。

外出自体はやむを得ないこともあります。

しかし中には、「密」になって宴会などをしている人たちが目立つとか。。。

 

 

…何のための緊急事態宣言。

…何のための緊急経済対策。

 

彼らに対して個人的に言いたいことはいくらでもありますが、

 

ここでは、私の専門分野である「行動変容」の観点から、そんな行動に走らせる理由と提言を簡潔に整理してみました。

 

 

まず、行動変容が続かない理由は、以下のいずれかです。

 

・行動変容によるメリットが得られない

・行動変容によってデメリットを得た

 

 

上記の彼らのように、ほぼ戦時下に公園でのんきに宴会している人たちの多くは、こう言うそうです。

 

 

「自粛に疲れた」

 

 

行動変容が続かない理由と照らし合わせると、

 

・外出自粛してたけど、特にそこで良いことが見つからなかった

(メリットが得らえない)

 

あるいは

 

・外出自粛してたけど、かえってストレスがたまった

(デメリットを得た)

 

のいずれかになると思います。

 

 

以上が、行動変容あるいは行動分析学だけの視点で見た理由です。

 

 

 

が、

ここにもう一つ、強烈な因子が発動しているがわかりますか?

 

それは、誰もが持っている「エゴ」というロックが、あっけなく解除されてしまったということです。

 

エゴとは「私(し)」である自分です。

 

その反対は、「公(おおやけ)」の自分。

自分の家族、友人を含む、社会という視点から、環境にとって良い行動をする感覚です。

 

 

わかりやすく言うと、彼らは「公」よりも「私」(エゴ)を優先させたことになります

 

理性、よりも、我欲を優先したのです。

 

 

残念です。

また、興味深いのは、そういう人たちほど、今必死で対策を打っている政府を批判したりします。

 

 

 

そしてここからは、私の私見による対策です。

 

「自粛してたけど、疲れた」

 

これは、我欲を押さえきれず

「私さえよければ、OK」という考えに至った、そして、その行動を選んだ、ということです。

 

 

「生命力」が弱い人たちに共通する言い分です。

 

 

今は非常時です。

メリットは言うまでもなく「自分と大切な人の命を守れている」ことです

これを理解するのに、努力など必要ありませんよね。

 

一方で、こんな状況を逆手にとって、この際だから楽しむ工夫をしている人たちも増えています。

 

上記の、「私」である人たちは、こうした工夫さえ放棄し、従来の生活へのノスタルジーを引きずったまま、また「あの頃」に戻りたいと願い、ただ座して待とうとする人たちです。

 

そういう意味で、「生命力が弱い」と私は言いました。

目の前の現実から目を逸らす、というお決まりの行動パターンしか取れないからです。

 

「あの頃」は、もう二度と戻りません。

 

 

私たちひとりひとりの市民レベルが、

 

国のお金を無駄にしないよう、そして

 

人に迷惑をかけないよう、

 

きちんと「公」の因子を発動させることが、大切ですね

 

これが、前回も申し上げた「徳を積む」ことになります。

 

 

今、人としての強さが試されています。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

どうぞご自愛ください。

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

われわれは

 

希望に従って約束し、

 

怖気に従って約束を果たす。

 

図1

2020/04/15

行動変容は結果、「運」を上げる

 

こんにちは!
リバース・フロウの清原です。

 

緊急事態宣言から一週間が経過しましたが、

このような中でも、生活インフラを支えてくださっている方々には心から感謝いたします。

 

その際に発刊した臨時コラムでは、「行動変容ステージモデル」について解説しました。

現在は、行動変容の「実行期」にあり、「維持期」つまり定着させるまでには、3つのしかけが必要です、と。

 

 

 

今回は、「行動変容」についてのメリットをお伝えしていきます。

 

 

運が良くなる。

 

最大のメリットをひと言で言えば、これです。

 

 

はい。たしかに、「運」と言いました。

 

運とは何でしょうか。

 

それは、

 

自分を良く評価してくれる人が増える、ということです。

 

 

では、行動変容がなぜ運を良くするのかについて説明します。

 

 

運が良い人の特徴は、その行動にわかりすく出ます。それは、

 

 

周りの人のために、良い行いをする。

 

ということ。

 

つまり、「徳を積む」ということです。

 

 

周りの人ために良い行いをすると、周りには自分を良く評価してくれる人ばかりになる。

 

考えてみれば当たり前のことですが、これが、

徳を積むことは、自分の運を良する、ということです。

 

 

そしてこの「徳を積む」行為。

 

これこそが、「行動変容」なのです。

 

 

行動変容は、良い行いを身につけることですよね。

 

これはそのまま「徳を積む」行為となります。

 

そうなると、運が良くなる。

 

シンプルなロジックですね。

 

 

この時期、私たちのほとんどが、不要不急の外出を自粛し、「3蜜」を避け、人との接触を8割減らす努力をしながら(難しいですが)、生活をしています。

 

こうした行動変容が求められています。

 

しかし、中には、こうしたときに自己中な行動に走る人がいます。

自分には関係ないとばかりに、気分に従って、迷惑も顧みずにわがままな行動に走る。

 

こういう人たちに共通しているのが、「徳が低い」ということです。

良いおこないどころか、自己中なおこないです。

周りを良くする行為どころか、周りにとって迷惑な行為です。

 

他にも、この時期でなくても、いませんか?

・職場で終始不機嫌な顔をして、周りのモチベーションを下げている上司

・チームワークがなく、いつも周りに気を遣わせている同僚や部下

など。

 

こういった人たちは、その徳の低さゆえ、みずから運を手放しているわけです

 

皆様の周りに、もしも「運がない」人がいるとしたら、それはキチンとした理由があってのことなのですね。

 

 

 

私たちは今、行動変容という「積陰徳」が求められていると思ったらいかがでしょうか?

 

行動変容は孤独です。

 

人知れず、コツコツをやること。これはまさに「積陰徳」なのです。

 

皆さま、この時期だからこそ、周りにとって良いおこないをし、運を高める行動をしましょう。

 

その行為はメリットとなっては、必ず自分に戻ってきます。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

真の苦行とは、まったく人に知られることのない苦行である。

 

そうでないものは、虚栄心によって楽になる。

 

 

 

※図は「行動変容ステージモデル」

行動変容ステージモデル

2020/04/07

#臨時発刊【行動変容】を維持するには

こんばんは。

リバース・フロウの清原です。

 

緊急臨時発刊です。

 

本日、政府より緊急事態宣言が一部の都県に発出されました。

 

安倍首相が「ひとりひとりの行動変容が必要だと」と口にされていました。

今回は、行動変容の専門家として、簡潔にこの意味とコツについて解説をさせていただきます。

 

紹介するのは、【行動変容ステージモデル】という考え方です。

 

行動変容ステージモデル

 

米国心理学者ジェイムス・プロチャスカによる『ステージ変容理論』の一説として、当社サービスの根幹をなす理論として採用しています。

 

このステージモデルは、人が行動を変え、さらに維持するためには、5つのステージを通るとされています。

 

身近な、「ダイエット」を例に挙げながら、今回のコロナ拡大と対策とつなげて、各ステージを追ってゆきましょう。

 

 

ステージ1)「無関心期」

 

「最近、太ったんじゃない?」と、彼/彼女に言われても、「え?気のせいでしょう?」と、まったく意に介さない状態。

ここはハッキリ言って、他人が何を言おうが、行動を変えることはあり得ません。

なぜなら、本人が「その必要を感じていない」から。
無関心な人に「変われ」と言ってもまったく効果は望めません。

 

コロナが中国で発症し、日本にも保菌者がやってきていても、「いやいや。私には関係ないから」「私は感染はしないから」と、まったくの他人事の状態がそうでした。

 

 

ステージ2)「関心期」

 

3カ月ぶりに体重計に乗ったときに、「おや?」」とショックを受ける。

あるいは、靴紐を結ぶときに、息苦しくなって「ヤバいかも」とショックを受ける状態です。

ここに来ていよいよ、息をゼイゼイさせながら、「自分はデブかも」「このままいくと、フラれるかも」と危機感を抱くステージです。

 

コロナ感染者が日に日に増え、著名な人たちまでも「感染しました」とか、亡くなったニュースなどを聞いて、ショックを受けるステージです。

日本で言えば、これは、やっと先週のことですね。

 

 

ステージ3)「準備期」

 

いよいよダイエットをする決心をします。

そして、周りにダイエットで成功した人を探したり、ダイエットに関する情報を集め出すステージです。

 

1日のコロナ感染者が東京で100人を超え、さすがに自分たちが爆発的感染に加担しているかもしれないことに気づき、小池知事や専門家からの情報を受け取り、精査している状態。

そして、安倍首相から「緊急事態宣言」を聞いて、やるべきことを理解する。

これは、まさにこの2~3日前から、さっきまでのことでしたね。

 

 

ステージ4)「実行期」

 

ダイエット開始です。

アプリを使ってワークアウトをする。食事制限をする。体重計に毎日乗る。

など、実際に行動に移したステージです。

 

いよいよ私たちは、コロナの爆発的感染を防ぐため、今ここにいます。

各都県からの指針をきっちりと実行する。

それだけです。

 

 

ステージ5)「維持期」

 

もっとも難しいステージです。

最初はモチベーションも高くワークアウトや食事制限をしているが、1週間経っても痩せない。

気持ちが折れそうになるステージとも言えます。

しかし、あるところを境に、一気に減量が進むのがダイエットです。

 

コロナの爆発的感染を防ぐため、安倍首相が「国民の協力をお願いします」と語ったのは、まさにこの「行動変容維持」が最も難しい、という裏返しでもあるかと思います。

しかし、このステージを淡々と、粛々と続けることが、必ず成果を生むことが、多くの研究でも証明されています。

 

 

行動変容の維持を継続するためのしかけ

 

ここからは当社のプリンシプルとなりますが、

行動変容を維持するためには、3つのしかけが必要です。

 

1)小さな成功体験

ほんの小さなものでも良いのです。

「やってみたら、うまくいった」という成功経験がぜったいに必要です。

「3日続けて体重計に乗った。自分はよくやってる。明日、もう一日体重計に乗ろう」くらいからでも良いです。

 

2)褒めやフィードバック

ひとりでやる行動変容は、孤独でつらい。だから、継続が難しいのです。

つまり、ダイエット中に、一緒にジョギングしてくれる人を探すということ。

ダイエットに取り組んでいる自分を褒めてくれたり、修正のアドバイスをしてくれたりする人を傍に置く、ということです。

 

3)行動を阻害する要因の排除

食卓の上、冷蔵庫から、いっさいの甘いもの排除するということです。

気持ちが途切れそうになる要因を、視界から消しましょう。

また、スイーツやビュッフェに誘ってくる友人とも、一時的に連絡をブロックするぐらいのことも必要です。

 

 

いかがでしょうか?

 

行動変容という言葉がにわかに日本中に行き渡っていますが、こうして見るとたいへん理にかなっていて、今こそ大切なコンセプトだと気づいていただけたのではないでしょうか。

 

 

今こそ、3つのしかけをすぐに用意して、行動変容に取り掛かりましょう。

 

きっと近い将来、「効果があったね」と胸をなでおろしているでしょう。

 

がんばりましょう。

 

 

行動変容についてもっと詳しく知りたい方は、当社の専門窓口にまでお問い合わせください。

service@re-flow.co.jp

 

 

2020/04/08

提言:新入社員に「文学とアート」を

こんにちは!

だれもが初めて体験する厳戒態勢下のような世の中で、しかし時間だけは淡々と流れていきますね。

 

今回は、自宅待機の新入社員を預かる企業様に緊急提言です。

 

4月、新入社員たちをやむを得ず自宅待機とし、

できるだけ生活のリズムを崩させず、かつ社会人としてのマインドセットを持たせようと、

どの企業様も知恵を絞っているようです。

 

Eラーニングや動画、教材などによる、社会人マナーや業務知識の自宅学習…

私の知る限りの情報ですが、これらはすべて仕事をしていくうえで当然必要になってくる「知識」でしょう。

 

そこで、

すでに数社のクライアント企業様には提言してみたのですが、

この時期だからこそ、「知恵の礎」となるものに触れさせておく必要があると、私は思っています。

 

それは、「文学とアート」です。

大きな枠組みで言えば、哲学などを含むリベラルアーツです。

 

 

この取り組みが企業にもたらすメリットは、非常に大きいです。

例えば、

 

・社員の応用力を養うことができる

・課題の魅力によって、社内ブランディングができる

 

など。

 

知識は知識。たしかに必要なものです。

これがないと、フィードでプレイができません。

ゲームに臨むためには、プレイの進め方を学んでおかねばなりません。

 

しかし、

知識はゲームをプレイするためのものであり、

ゲームに勝つためには、それらを応用する必要がありです

 

かつ各フィードには独自の暗黙のルールがあり、そこにはいつも想定外が起きます。

また、プレイに与える外部環境の変化もあれば、いっしょにプレイするメンバーとの相性や連携の問題もあります。

さらにいえば、与えられている指示が、果たしてゲームに勝つために有効かどうか、みずから判断しなければならないということもあります。

 

これこそが、ビジネスというフィールドで起きることですね。

 

そこでは、知識だけではとうてい勝てない

ということは皆さまもお分かりかと思います。

 

彼ら新入社員は、ふだんからSNSなどで、お手軽に入手した、それほど大差のない知識を持ち合わせています。

が、知恵はあるかといえば…

 

故に、必要となってくるが、「知恵」です。

つまり、「知識の応用」です。

 

この「応用」をするには、もちろん一定の経験を積むことが必要であることは間違いありません。

しかし残念ながら、良い年をした社員でも、応用力がなくてチームや組織を困らせるケースが後を絶ちません。

 

ここにひとつの克服すべき課題があります。

 

人材育成において私が必要だと思っているのは、日本では軽視され、米欧では重視されている、リベラルアーツです。

 

 

文学やアートには、答えがありません

それらに触れ、「正解じゃないかもしれない答えを探る」ことが求められます。

 

答えはどこにもなく、誰が教えてくれるわけでもなく、

自分の頭だけで解釈しなければならないのです

 

新入社員という今しかない、頭が最もフレッシュなタイミングで、

文学、アート、そしてできれば哲学にも触れさせてあげてください。

 

・文学を読んだ、アートを見た感想

・自分ならエンディングをどう変えるか

・このアートが創られた時代背景は何だったと思うか

・なんなら、あなたのキャリアを小説や絵にしてみて

 

など、さまざまな「あいまいな質問」を投げかけてあげてください。

 

もしかしたらその辺のベテラン社員よりも、柔軟な答えが返ってくるかもしれませんよ。

 

 

繰り返しますが、リベラルアーツに一定時間触れさせることで、

 

・社員の応用力を養うことができる

・課題の魅力によって、社内ブランディングができる

 

これだけのメリットがついてきます。

 

 

「自宅にいなければならない」メリットを最大限に生かし、御社の人材基盤を強化しましょう

 

 

コロナ影響下で大変だったけど、今年の新入社員は一味ちがう

 

そんな風に言われる若手を育てませんか?

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

好調な時は充分に楽しみ、
不調な時は気長にかまえる。

 

よくよくの場合でない限り、
決して荒治療はしないことである。

 

01

2020/04/01

今こそ実践「生活のROI」私的ランキング

こんにちは。
リバース・フロウの清原です。

 

昨今の世相は深刻です。でも、不安なときに不安な顔をすることは誰にでもできます。

だから今回のコラムも、明るくリアリティある内容でいきたいと思います!

 

私はこんなときだからこそ、現実的な「日常生活におけるROI」について考えてみました。

 

ROIとは、Return On Investment」の略称、「投資収益率」を意味します。

 

世の中、確実に儲けられる投資話なんてそうそうありません。

が、これから紹介する投資の特徴は、

投資に対して確実に収益(投資からの効果)が得られる、ということです。

※あやしい話ではありません(笑)

 

 

あくまで私見のROIランキングですが、さっそく発表です。

 

 

<生活におけるROIランキング>

 

※各項目は、

「投資(行為)」:

「収益(得られる効果)」:

「最短の回収期間」に分け、

回収期間の短い順、、つまり効果が早く得られる順に列挙。

 

 

1)「他者への親切」:幸福感:1秒~

 

2)「食事」:継続力:0.5日~1日

 

3)「睡眠」:集中力:1日

 

4)「読書」:教養:1日~

 

5)「瞑想」:自制心:0.5カ月~

 

6)「筋トレ」:免疫力:1カ月

 

以上、6つの投資です。

 

なぜこれらの投資が、確実に収益を回収できるか?

理由は、2つです。

 

理由1)他者が介在していない

つまり、すべてを自分だけでコントロールできる。ということです。

例えば、いくらお金をかけて子供を教育しても、ダメな大人になるかもしれない、とか。

いくら老後のために貯金をしても、デフレになったり、盗まれたり、銀行が破綻したりしまうかもしれない、とか。

他者による想定外が入る余地がいっさいない、ということです。

 

理由2)投資費用がかからない

つまり、投資費用といえば、本一冊買うお金くらいのものという意味で、「ノーリスク」の投資という理由です。

必要なのは、時間だけです。

 

 

いかがでしたしょうか?

 

世の中が暗く、固く、ナーバスになっているとき、

リーダーまで暗い顔をしていても始まりません。

 

今自分は何ができるのかを考える、ひとつの参考になれば幸いです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

才があって愚かな人はいるが、

 

分別があって愚かな人は決していない。

 

 

splogo

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら