2020/08/24

耳の痛い話をどうやって受け入れるか

こんにちは。

 

長雨と大雨のあとにやってきた、長期にわたる酷暑。

それもようやく、少し落ち着きつつありますね。

 

2020年というのは、ひとつの異様な経験を世界中の人が共有するという、ある意味たいへんレアな時期なのではないでしょうか。

 

そして、これほど想定外ばかりが短期間に起きると、

もちろんストレスにもさらされますが、

見方を変えると、こうも言えるのではないでしょうか。

 

私たちは人類史上最も「頭が柔らかくなっている」状態なのではないか、と。

 

パンデミックによってもたらされた想定外だらけの日常によって、

私たちは、「生命力」と「柔軟性」を鍛えられているはずです。

 

こうした特別な時期だからこそ、実は私たちは、ひとまわりタフになったのではないでしょうか。

 

 

これは、私の専門分野である「行動変容」の観点から見ると、こう言えます。

 

半年以上にわたって、

強烈な「フィードバック」を浴び続けた結果、

私たちは、しなやかでタフになった。

 

 

では、フィードバックを浴びるとはどういうことか。

 

フィードバックとは、みずからが取った行動の因果関係を知ることです。

つまり、

自分の取った行動がもたらした「結果」を、事実として受け取るということです。

また同じように、他人には他人の行動の結果を、事実として伝えるということでもあります。

 

世の中に起きていること、身の回りで起きていることは、すべてが何かしらの結果です。

言い方を変えると、それらの結果は、自分たちへの「フィードバック」とも言えます。

 

「パンデミックを起こしたのは私じゃない」

そう思うかもしれません。

 

しかし、少し専門的な見方から結論を言えば、

私たち一人一人は、小さいながらでも間接的に、パンデミックに加担していると言えます。

 

世界をひとつの「システム」と見たとき、極めて微小で複雑なしくみを経て、因果応報は起きているのです。

システムのいち要因である私たちひとりひとりの存在は、良いことであっても悪いことであっても、「まったく無関係」であるとは言い難いのです。

 

有名な”バタフライエフェクト”という言葉が、それを説明しています。

※以下、wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E5%8A%B9%E6%9E%9C

 

 

では、もっと身近な例でいえば、

 

あの上司は、いつも自分ばかりにつらく当たってくる。とか。

あの部下は、まったく自分の言うことを聞かない。とか。

いつも自分ばかりが損な役回りを背負わされる。とか。

 

良くある話ですが、これらは見方を変えると、

自分に戻された因果応報の、ひとつの結果といえます。

 

この結果に対して、「私は無関係」「私はまったく悪くない」とは、言い難いのです。

 

だれしも、自分に起きるこうしたフィードバックについては、なかったことにしたり、耳をふさいだり、無視したりしがちです。

当然ですが、自分に起きる「悪いこと」は、受け入れたくないのが本能です。

 

そのくせ、私たちは人を裁いてしまいがちです。

つまり、一般的に私たちは、人にフィードバックをするのは平気だけど、人からフィードバックをされることは、苦手なのです。

 

 

しかし、フィードバックの利点は、見過ごせないほど大きいものがあります。

 

それは、

自分の思い込みと事実を比較し、そのギャップを知ることができる

という一点につきます。

 

自分が今よりももっと良くなるためには、まずは事実を受け入れることが何より必要です。

 

 

例えば、減量をしようと決意する人は、たいてい

 

体重計をみてショックを受ける(フィードバックを受ける)

鏡を見てショックを受ける(フィードバックを受ける)

やけに息が切れる(フィードバックを受ける)

靴紐を結ぶときにお腹がつかえて息苦しい(フィードバックを受ける)

 

などといったフィードバックを受けて、決意に至ります。

体重計に向かって、「私がそんなに太ってるはずないじゃないか!」と叫ぶ人はいませんよね。

 

これがつまり、事実を受け入れるということです。

 

事実を受け入れるところから、行動は改善されていきます。

つまり、行動変容の第一歩は、フィードバックをニュートラルに受け入れることから始まるのです。

 

組織にいると、上位にいくほどフィードバックをもらう機会は減っていくものです。

だれしも上司に対してネガティブに受け取られるようなことは、言いたくないのが本音です。

 

つまり、それだけエグゼクティブは、間違えてもだれからも指摘されなくなっていくのです。

組織運営の難しさは、まさにここにあります。

 

ですから、私は常々クライアントに伝えています。

 

「フィードバックは、もらえるだけもらってください」

 

と。

 

そして、フィードバックというのは、受け取り方があります。

 

それは、

 

「指摘してくれて、ありがとう」

 

と感謝することです。

 

そのおかげで、将来の事故につながる芽を摘むことができたのです。

そのおかげで、ひとつ学びを深めることができたのです。

 

フィードバックは、もらえるうちが華です。

だれも指摘してくれなくなったら、もう間違えることができません。

 

誰も指摘してくれなければ、自分はこれで正しい、という信念を強くする一方なのです。

つまり、「頭が固くなっていく」のです。

 

 

冒頭に述べたように、

このパンデミックは、想定外だらけの日常をもたらしました。

毎日、激しいフィードバックを浴びせてきた、ということです。

 

その分、私たちはきっと、たくましくなり、柔軟性を向上させたことだと思います。

つまり、「タフでしなやかになった」と言えると思うのです。

 

フィードバックを受けられなくなったとき、私たちは成長を止めます。

 

日々もたらされる指摘や事実をフィードバックとして、謙虚に受け止め続けましょう。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

皆様の安寧を心からお祈りしています。

 

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)


あまり利口でない人たちは、

一般に自分のおよび得ない事柄については

何でもけなす

2020/08/18

エグゼクティブ開発にこだわる理由(6期所信表明)

こんにちは。
リバース・フロウの清原です。

 

多くの方が、今年は例年のお盆らしからぬ休暇になったかと思います。

特に都内にいると、ただやたらに暑いだけの夏休みになってしまったのではないでしょうか。

なんとも無念です。

 

 

さて、今回は、当社にとって新たな期が始まったこのタイミングで、

当社がこれから追求していきたいことを、共有させていただきます。

 

おかげさまで当社は創業6年目を迎え、その間、素晴らしいクライアントやパートナーに恵まれ、ここまでやってこられました。

あらためまして、この場を借りて、御礼申し上げます。

 

このコラムも、書き続けて100号を超え、読者の皆様から暖かいコメントをいただきながら、なんとか書き続けられています。

 

創業丸5年も経過すると、会社というものは本当に姿を変えるものだと、あらためて思います。

特に昨期はパンデミックを経験し、当社も例外なく影響を受けました。

そして、そんな特別な経験から気づいたことを、今期は追求していきたいと思っています。

 

 

当社がますます追求していきたいテーマとは、

「エグゼクティブ開発の先鋭化」です。

 

エグゼクティブとは、会社や組織に最も大きな影響力を持つ人たちです。

 

世の中には、こうした方々を対象としてサービスを提供するコンサルティングやコーチング会社が、数え切れないほど存在します。

そして各社、素晴らしいサービスを提供しています。

 

ただ、せっかくなので、私が個人的にエグゼクティブの能力開発にこだわっている理由を、述べさせていただきます。

 

理由は3つあります。

それは、エグゼクティブたちが、

 

1)多くの人に影響力を持つ

2)とても独創的

3)でも不器用

 

これらが、エグゼクティブ開発で私の背中を押し続けている理由です。

 

逆に言うと、この3つがあればこそエグゼクティブとしての魅力を備えていると言えます。

そして魅力というのは、それが大きい分、「影」を落とすことにもなります。

 

 

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」

 

 

この言葉は、映画『スパイダーマン』で、ベンおじさんが主人公のピーターに伝えた言葉です。

私はラ・ロシュフコ―の箴言(しんげん)を含む、数々の名言を記憶していますが、

中でもこれは、最も私の心を打った言葉のひとつです。

 

スパイダーマンのようなスーパーヒーローでなくとも、エグゼクティブであれば誰しも、組織経営、つまり利益追求と雇用維持という、非常に大きな責任を背負っています。

また、それに伴う力が与えられていると、自覚もしています。

 

ところが、ときどきその責任の大きさによって、自らの発想や動きを、必要以上に縛ってしまうことがあるようです。

あまりのプレッシャーによって、「勝手な自己制限」を発動させてしまうのです。

 

実際私はそんなエグゼクティブたちの姿を、たくさん目にしてきました。

社員、あるいは家族にすら見せられないような姿なのかもしれません。

 

そうした姿に触れると、私の中には、深い慈愛のような感情が湧いてきます。

とても人間らしいからです。

 

私はエグゼクティブと相対するとき、ひとつの信念のようなものをもって臨みます。

 

それは、

「自分は何者であるのか」を忘れないことです。

 

お相手のエグゼクティブにももちろん、そのことをさりげなく要求します。

 

なぜなら、エグゼクティブが苦しむとき、その理由の主なものは、

自分が何者であるのかを忘れてしまうことにあります。

 

結局エグゼクティブとはいえ、ひとりの人間です。

 

・あの会社の社長はここまでやっている

・ライバルのあの役員は、こんなことをやってのける

 

日々厳しいプレッシャーの中で生きていれば、当然ですがこんなことが気になるでしょうし、

それをモチベーションにする人も多くいらっしゃいます。

 

しかし、何かと比べてそれに負けないような誰かになろうとしても、

誰も自分以外の何者にもなれないのです。

 

もちろん、絶えず自己成長を求め、努力することは必要です。

 

しかし、外に成長の機会を求めるのと同じくらい、

自分の内に深く潜りこむことも、大切です。

 

エグゼクティブはつまり、「内省」することから逃れてはいけないのです。

 

・自分は何者であるのか?

・自分が提供できる価値は何なのか?

 

自分を高い視点から俯瞰したり、奥深くに潜り込んだり。

自分という存在と向き合うことが、外の何かを求めるよりも難しく、そして大切だと思うのです。

 

超多忙な日常の中で、ありのままの自分と向き合うことは、たしかに簡単なことでありません。

なぜなら、意図しなくても、社員たちから次々と難題や要求を突きつけられるからです。

それに加え、自分は状況を変えられる大きな力を持っている。

外にばかり目が行くのも、無理はない話です。

 

私は、そんなエグゼクティブたちと、深く関わりたいと思ってこの仕事をしています。

 

少し迷い、焦り、プレッシャーにさらされるエグゼクティブたちが、

思い切って立ち止まり、自分と向き合い、深く内省できる「場」を提供できれば、

そこからのエグゼクティブたちの「再起」は、おそらくV字回復どころではないでしょう。

 

みずからが何者かを知り、自分の力の大きさに気づき、責任の重さも適切に評価することができれば、

これまでとは比べ物にならないほどの力を、迷いなく発揮できるはずです。

 

 

当社の今期、そんな願いも込めて、物理的な環境を実際に用意しました。

 

エグゼクティブ専用のサロンです。

 

もちろん、会社にある会議室でもなく、応接室でもありません。

 

 

都心からほど近い、自然に囲まれたリゾート地として名高い、「熱海」です。

 

非日常空間で癒され

美味しい料理を食べ、

美味しいお酒を味わい、

温泉を楽しみ、

じっくりと対話を交わす。

 

そこで生まれる感性や、そこで気づく新な発見。

創造的で刺激的な時間を過ごし、普段は得られない感性を養っていただきたいと思っています。

 

また、とうぜんですが、コロナ感染のリスクはゼロです。

そうした心配からはいっさい解放された環境で、本来の自分を取り戻し、英気を養う時間を、エグゼクティブだからこそ過ごしていただきたいのです。

 

エグゼクティブ開発の本質は、ここにあると私は思っています。

 

 

今期以降、当社はますますマニアックに、エグゼクティブたちの人生を豊かにすることにコミットしていきます。

 

皆様、これからも私とリバース・フロウ社をよろしくお願いいたします。

 

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

一日も早く、皆様に安寧が訪れることを祈っています。

 

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

我々に起きる幸不幸は、

 

それ自体の大きさによってではなく、

 

我々の感受性にしたがって、

 

大きくも小さくも感じられる。

 

 

2020/08/04

「新生活様式」は定着しない。その理由。

こんにちは。

 

ようやく梅雨が明けて、夏らしい天候になりましたね。

 

当社は8月1日、おかげさまで創業6年目を迎えました。

信頼を寄せてくださるクライアント、パートナー、普段から気にかけてくださる皆様のおかげとしか言えません。

この場を借りて、心よりお礼を申し上げます。

 

パンデミックによる影響もたしかにありましたが、そのおかげもあって、まさに社名のごとく「Rebirth」することができました。

今期の所信は、別の機会にあらためて配信させていただきますが、

これからはますます当社独自のマニアックな世界観を構築していきたいと思っています。

 

 

さて、私にとって大切な所信表明よりも、優先して述べたい内容が、今回あります。

 

それは、政府の唱える、「新生活様式」についてです。

 

冒頭に、行動変容の専門家として断言してしまいますが、

 

新生活様式は、このままだと定着しません。

 

ムリです。

 

その理由をこれから述べます。

 

多くの人にとって、今夏ほど異様な夏は、記憶にないでしょう。

「あれをしてはいけない」「これもしてはいけない」

政府は、新生活様式を推し進めているわりに、新しい明確なモデルをまったく示そうとしません。

 

「蜜を避けて」「大声を出さないで」。。。

もう誰もが知っていることです。

これは、生活様式ではなく、「禁止事項」です

 

政府には、新生活様式のアイデアがないのでしょうか。

そう思うと、私には不安しか生まれません。

 

そして、もし、これがそのまま「企業」の経営だったら…と思います。

 

かけ声だけは良くて、メッセージはあいまいな経営陣。

指示と罰則だけは、明確。

社員が死にそうになっても補償はしない。

 

こうした企業があるなら、それはいわゆる「ブラック企業」と世間から言われるレベルです。

 

社員(国民)は、今「不安」なのです。

そして、その不安に向き合わないといけないということぐらい、誰もがわかっていることです。

 

しかし、不安に向き合うには「気持ちの余裕」が必要です。

余裕を持つには、物理的にまず「時間」と「お金」が必要であり、

そこでようやく気持ちにも余裕が持てるものです。

 

そして何より、トップからの明確なビジョンと行動指針、そしてプランを明示することが求められます。

 

 

では、多くの人に新生活様式を理解し、行動してもらうには何が必要なのか。

 

私は、たった1つのことだと思っています。

 

それは、

これまでの生活と比べ、「何を加え(+)」「何を引く(-)」のかを明示することです。

 

今の状態は、「やってはいけない(-)」ばかりが示されています。

禁止事項につぐ禁止事項。

つまり、これまでの生活から「引く」ことばかりが求められているわけです。

 

罰則ばかり増えれば、それは最終的に、私たちひとりひとりの「モラルに頼る」ということになっていきます。

じつにリスキーな前提の上に成り立つ、ということになるのです。

「きっと日本人なら、わかってくれる。禁止事項を守ってくれる」そんなのんきで都合の良い考え方は、このコロナという有事の時代、まったく場違いな考え方です。

 

新生活様式にまったくワクワクしないのは、「これをやってみよう」という「加えるアイデア(+)」がまったく示されないからです。

夢も希望も見させることができないトップ。。。

 

例えば、こんなプラスのアイデアは、どうでしょうか。

 

・リモートワークに切り替えたら、3か月Wi-Fi使いたい放題。

・家族がそろって家で遊べるアイテムを配布。

・席に余裕を作ってくれた飲食店に、空いた席数分の6割の売り上げを補償。

 

などなど。

少しは国民(社員)をワクワクさせてほしいものです。

 

 

いわゆる「アメとムチ」戦略は、アメがあってのムチです。

ムチばかり振り回すのは、振り回す人が無能ということになります。

 

 

今の新生活様式は、いまだに、昭和体育会系の「お願い+罰則」(-)ばかりなのです。

それに見合う「ワクワク」(+)がまったく語られないのです。

 

 

じわじわとエネルギーを搾り取られていく今の日本の状態を、私は個人的にとても憂いています。

 

 

とはいえ、現実的に私たちは起業家、経営者として、できることをやっていくしかありません。

 

せめて影響力を持つ人からは、ワクワクを感じさせる言葉、働きかけをしてほしいと切に願います。

繰り返しますが、それには

 

・明確なビジョン

・明確な行動指針

・明確なプラン

・やさしい言葉

・なによりトップが冷静でいること

 

これに尽きます。

 

この夏、私もそんな言葉を周りにたくさん投げかけたいと思います。

 

「多くの不安を和らげる夏」

 

そんなテーマで臨みたいです。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

英知は、

魂にとって、そして

肉体にとっての

健康にあたる。

 

 

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら