2019/11/26

『HRカンファレンス2019(秋)』レポートVol.2-組織風土を考える-』

 

soshikifudo01

 

先週に引き続き、11月15日(金)に開催されました『HRカンファレンス2019(秋)』レポートVol.2として

弊社代表 清原が講演でお話をさせていただきましたー組織風土ーについてご紹介させていただきます。

 

================

 

ー組織風土を考えるー

 

『組織風土』とは何なのでしょうか?

ひと言でいうと、組織風土とは「組織の動きを下支えする無形のアレコレ」です。
組織にいる人たちはそれぞれが文化(目には見えないもの)というものを
個々に解釈をし、その認識をもとに、無意識に言動・行動に移すものが
組織風土を形成します。

 

■組織風土を形成する要素

・コミュニケーションの取り方
(使われる言葉、取られる行動)
・信頼関係の築かれ方
・個々人のモチベーション
・個々人の好み、強み、価値観
・個々人が感じる心理的安全性
・意思決定の仕方/判断基準
・エンゲージメント
・ローカルルール
・チームミッション
・パワーバランス

 

※こういった組織の文脈を”システムコンテクスト”(組織の文脈)と呼んでいます。

 

この言動・行動として表れたものは、その場にいる人たちにとっては
とてもわかりやすいものなので、その場をしだいに支配していきます。

それが組織内においてコミュニケーションルール、いわゆる”暗黙のルール”となり、
組織風土を形成していくのです。

 

 

soshikihudo01

 

 

組織風土は結果として、目に見える有形のもの(組織の課題、業績、トラブルなど)を

形作ることになります。

 

こうしたものが表面化したとき、起きた事象に対し、あわてて対処的な療法をせざるを

得ないことが多いと思います。

 

たしかにそれも必要なのですが、根本的な対処(原因療法)とはならないため、

同じ課題は計らずも、繰り返し発生してしまいます。

 

当社リバース・フロウでは、こうしたさまざまな組織課題に対し、

原因療法をメインにアプローチしています。

 

このアプローチとは、まず組織風土に目を向け、その組織風土がどこから、

何から形成されているのか、一人ひとりが解釈している無意識に焦点を当てて、

精査・分析するメソッドをとっています。

 

このアプローチとして、当社が採用しているモデルが、

『システムズ・アプローチ』という行動変容促進の理論です。

 

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら