2020/10/27

頭痛がするほど難しい質問

こんにちは。

 

穏やかな秋晴れが続いていますね。

 

今日本当に久しぶりに都心に出たのですが、都のキャンペーンも手伝ってか、

想像を超える人出でした。

当社から見られる皇居の外堀あたりも、ちょっとずつ紅葉が見られます。

 

今年も残すところ2カ月少々。

WITHコロナの一年間は、あらためてじっくり振り返る価値がありそうです。

 

さて、今回は、私の専門領域からのテーマです。

 

多くの企業の経営者の方々とお話をしているときによく聞くのは、「社員の主体性」についてです。

これはコロナ前から変わっていないようです。

 

要は、「もっと社員には主体性を発揮してほしい」ということになります。

パンデミックにより、世界の隅々まで「パラダイムシフト」が行き渡った今も、そんな嘆きを聞くことは、不思議な感覚です。

 

同時に、焦燥感のようなものも覚えました。

「価値観がひっくり返る」という経験をしたのに、私たちははたして、こんなことをまだ経営者に言わせておいて良いのでしょうか?

企業が「正解」を見つけられず苦しんでいるのに、社員は主体性を眠らせたままで良いのでしょうか?

 

 

■今こそ問われる「あなたは何者なのか」

 

ふだんからコラムで書いていますが、「個」が「組織」をけん引すべきときは、今をおいて他にありません。

「個」が「組織」に対してかつてないほどの影響力を手にしたということは、もはや事実です。

 

ということを認識すれば、とうぜん考えなければならないのは、

「そんな自分は何者なのか」ということです。

 

しかし例えば、こんな風に質問されるのを嫌がる人がいます。

「あなたは、どうなりたいの?」

もちろん、何の前触れもなくこんなことを聞かれれば、多くの人は当惑するでしょう。質問が粗いし、あいまい。あるいは、何を知りたいのかわからない、と彼らは言います。

 

しかし、こうした質問が粗くて曖昧で、意図が不明確だとしても、それに向き合えないという心の状態は、やや深刻な問題を抱えているように思います。

 

なぜなら、こうした質問に答えられるのは、他の誰でもなく「私」しかいないからです。

 

職業柄、私は、わざとこんな曖昧な質問を投げかけることがありますが、

その真意は、「自分と向き合うことに慣れている人か、そうじゃないか」を見極めたいと思っているからです。

 

気持ち良いくらいに明快に答える人がいる一方で、もちろん明らかに嫌がる人もいます。

だからといって、後者の人がダメだと言っているわけではありません。

こうした人たちは、単に、「自分の声を落ち着いて聞く」習慣がないだけだと思っています。珍しいタイプではけっしてないとは思うのですが、こうしたタイプに自分が属しているなと思った人は、注意が必要です。なぜでしょう。

 

 

■みずから封じ込めてきた「直観」

 

それは、永らく自分の内にある生の声、つまり「直感」を封じ込めてきたからです。

忙しかったり、組織から任された仕事が多かったり、関わる人が多かったりと、さまざまな理由があるでしょうが、

永らく封じ込められた直感は、徐々に摩耗され、いずれ働かなくなってしまいます。

 

このような状態になると、人から言われたこと、任されたこと、頼まれたことに応じることだけに精いっぱいになり、結果、人から言われた範囲の中でしか動かなくなります。

自分で工夫してもっと良い仕事をしてみよう、とか、問題点を発見して提言してみよう、といった主体性はまず出てこなくなります。「言われたことしかやらない」と言われる人たちは、こうして出来上がるのです。

 

・直感をみずから封じ込める。

・判断基準が見当たらないから人の声に従順になる。

・人の判断基準で動いている自分、人の言われたことだけをしている自分に気づかず、自分じゃない人でもできることをいつまでも回し続ける。

 

つまり「主体性がない」とは、こうした一連のパターンから生まれる行動と言えます。

 

ここであらためて聞きます。「あなたは何者ですか?」。

個が組織にたいして大きな影響力をもつようになった今、

自分にしかわからない質問に、あえてまじめに取り組んでみるべきだと思います。

めんどくさい、むずかしい、という理由で避けてはいけません。

 

 

■瞑想よりもマインドフルよりも

 

よく言われる「己を知る」ということが、主体性を自由意志を回復させる第一歩です。

もっともシンプルな方法を、ここでお伝えします。なにも、毎日瞑想しようとかマインドフルになろう、ということではありません。

それは、簡単な「セルフコーチング」です。自分自身の中にある答えを探るために、自分に問いかける、という内省のワークです。

 

私は例えばこんなシンプルな質問を、自分によくします。

 

・自分は何ができる人か?何ができない人か?

・自分は何に価値を感じるか?何に価値を感じないか?

・自分の感情が高まるときはどんなときか?感情が動かないときはどんなときか?

・自分はどんなことをするのが好きか?どんなことをするのが嫌いか?

・自分はどんなことを正しいと思うか?どんなことが間違っていると思うか?

(何を受け入れられて、何を受け付けないか)

・自分はなぜ今「これ」をやっているのか?

(「これ」とは、仕事、趣味、子育て、いま手に取っている本など、自分が今関わっている無数の事柄)

・自分は人から何と言われているか?それについてどう思っているか?

・自分は自分の気持ちをどう扱っているか?

・自分は何者なのか?

 

何かを調べようと思えば、スマホでささっと答えが見つかる時代です。

一方でこれらの質問は、スマホでは探せません。そして、頭痛がするくらい、漠とした質問です。

 

しかし、答えがすぐ見つからないものには、それ相応の価値があります。

自分にしか答えられないことに向き合いましょう。主体性と自由を取り戻すために。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

人はみな記憶力の
乏しさを嘆く。

しかし、誰も判断力の
乏しさを嘆かない。

2020/04/22

なぜ東京は非常時に油断したのか

こんにちは!
リバース・フロウの清原です。

 

「密を避ける」というキーフレーズが一般認知され、これからはコミュニケーションのあり方そのものが変わりそうですね。

 

もしかするとアフターコロナの世界は、ホモサピエンス誕生から20万年の歴史の中で、初めて遭遇するような「コミュニケーション大転換時代」になるのではないでしょうか。

 

そんな中、非常事態宣言が継続中にも関わらず、感染者数で群を抜いている東京が、いよいよ油断し始めています。

 

駒沢公園や砧公園あたりで、「例年よりも多い」人出がこの週末に確認されたそうです。

外出自体はやむを得ないこともあります。

しかし中には、「密」になって宴会などをしている人たちが目立つとか。。。

 

 

…何のための緊急事態宣言。

…何のための緊急経済対策。

 

彼らに対して個人的に言いたいことはいくらでもありますが、

 

ここでは、私の専門分野である「行動変容」の観点から、そんな行動に走らせる理由と提言を簡潔に整理してみました。

 

 

まず、行動変容が続かない理由は、以下のいずれかです。

 

・行動変容によるメリットが得られない

・行動変容によってデメリットを得た

 

 

上記の彼らのように、ほぼ戦時下に公園でのんきに宴会している人たちの多くは、こう言うそうです。

 

 

「自粛に疲れた」

 

 

行動変容が続かない理由と照らし合わせると、

 

・外出自粛してたけど、特にそこで良いことが見つからなかった

(メリットが得らえない)

 

あるいは

 

・外出自粛してたけど、かえってストレスがたまった

(デメリットを得た)

 

のいずれかになると思います。

 

 

以上が、行動変容あるいは行動分析学だけの視点で見た理由です。

 

 

 

が、

ここにもう一つ、強烈な因子が発動しているがわかりますか?

 

それは、誰もが持っている「エゴ」というロックが、あっけなく解除されてしまったということです。

 

エゴとは「私(し)」である自分です。

 

その反対は、「公(おおやけ)」の自分。

自分の家族、友人を含む、社会という視点から、環境にとって良い行動をする感覚です。

 

 

わかりやすく言うと、彼らは「公」よりも「私」(エゴ)を優先させたことになります

 

理性、よりも、我欲を優先したのです。

 

 

残念です。

また、興味深いのは、そういう人たちほど、今必死で対策を打っている政府を批判したりします。

 

 

 

そしてここからは、私の私見による対策です。

 

「自粛してたけど、疲れた」

 

これは、我欲を押さえきれず

「私さえよければ、OK」という考えに至った、そして、その行動を選んだ、ということです。

 

 

「生命力」が弱い人たちに共通する言い分です。

 

 

今は非常時です。

メリットは言うまでもなく「自分と大切な人の命を守れている」ことです

これを理解するのに、努力など必要ありませんよね。

 

一方で、こんな状況を逆手にとって、この際だから楽しむ工夫をしている人たちも増えています。

 

上記の、「私」である人たちは、こうした工夫さえ放棄し、従来の生活へのノスタルジーを引きずったまま、また「あの頃」に戻りたいと願い、ただ座して待とうとする人たちです。

 

そういう意味で、「生命力が弱い」と私は言いました。

目の前の現実から目を逸らす、というお決まりの行動パターンしか取れないからです。

 

「あの頃」は、もう二度と戻りません。

 

 

私たちひとりひとりの市民レベルが、

 

国のお金を無駄にしないよう、そして

 

人に迷惑をかけないよう、

 

きちんと「公」の因子を発動させることが、大切ですね

 

これが、前回も申し上げた「徳を積む」ことになります。

 

 

今、人としての強さが試されています。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

どうぞご自愛ください。

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

われわれは

 

希望に従って約束し、

 

怖気に従って約束を果たす。

 

図1

2020/04/15

行動変容は結果、「運」を上げる

 

こんにちは!
リバース・フロウの清原です。

 

緊急事態宣言から一週間が経過しましたが、

このような中でも、生活インフラを支えてくださっている方々には心から感謝いたします。

 

その際に発刊した臨時コラムでは、「行動変容ステージモデル」について解説しました。

現在は、行動変容の「実行期」にあり、「維持期」つまり定着させるまでには、3つのしかけが必要です、と。

 

 

 

今回は、「行動変容」についてのメリットをお伝えしていきます。

 

 

運が良くなる。

 

最大のメリットをひと言で言えば、これです。

 

 

はい。たしかに、「運」と言いました。

 

運とは何でしょうか。

 

それは、

 

自分を良く評価してくれる人が増える、ということです。

 

 

では、行動変容がなぜ運を良くするのかについて説明します。

 

 

運が良い人の特徴は、その行動にわかりすく出ます。それは、

 

 

周りの人のために、良い行いをする。

 

ということ。

 

つまり、「徳を積む」ということです。

 

 

周りの人ために良い行いをすると、周りには自分を良く評価してくれる人ばかりになる。

 

考えてみれば当たり前のことですが、これが、

徳を積むことは、自分の運を良する、ということです。

 

 

そしてこの「徳を積む」行為。

 

これこそが、「行動変容」なのです。

 

 

行動変容は、良い行いを身につけることですよね。

 

これはそのまま「徳を積む」行為となります。

 

そうなると、運が良くなる。

 

シンプルなロジックですね。

 

 

この時期、私たちのほとんどが、不要不急の外出を自粛し、「3蜜」を避け、人との接触を8割減らす努力をしながら(難しいですが)、生活をしています。

 

こうした行動変容が求められています。

 

しかし、中には、こうしたときに自己中な行動に走る人がいます。

自分には関係ないとばかりに、気分に従って、迷惑も顧みずにわがままな行動に走る。

 

こういう人たちに共通しているのが、「徳が低い」ということです。

良いおこないどころか、自己中なおこないです。

周りを良くする行為どころか、周りにとって迷惑な行為です。

 

他にも、この時期でなくても、いませんか?

・職場で終始不機嫌な顔をして、周りのモチベーションを下げている上司

・チームワークがなく、いつも周りに気を遣わせている同僚や部下

など。

 

こういった人たちは、その徳の低さゆえ、みずから運を手放しているわけです

 

皆様の周りに、もしも「運がない」人がいるとしたら、それはキチンとした理由があってのことなのですね。

 

 

 

私たちは今、行動変容という「積陰徳」が求められていると思ったらいかがでしょうか?

 

行動変容は孤独です。

 

人知れず、コツコツをやること。これはまさに「積陰徳」なのです。

 

皆さま、この時期だからこそ、周りにとって良いおこないをし、運を高める行動をしましょう。

 

その行為はメリットとなっては、必ず自分に戻ってきます。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

真の苦行とは、まったく人に知られることのない苦行である。

 

そうでないものは、虚栄心によって楽になる。

 

 

 

※図は「行動変容ステージモデル」

行動変容ステージモデル

2020/04/07

#臨時発刊【行動変容】を維持するには

こんばんは。

リバース・フロウの清原です。

 

緊急臨時発刊です。

 

本日、政府より緊急事態宣言が一部の都県に発出されました。

 

安倍首相が「ひとりひとりの行動変容が必要だと」と口にされていました。

今回は、行動変容の専門家として、簡潔にこの意味とコツについて解説をさせていただきます。

 

紹介するのは、【行動変容ステージモデル】という考え方です。

 

行動変容ステージモデル

 

米国心理学者ジェイムス・プロチャスカによる『ステージ変容理論』の一説として、当社サービスの根幹をなす理論として採用しています。

 

このステージモデルは、人が行動を変え、さらに維持するためには、5つのステージを通るとされています。

 

身近な、「ダイエット」を例に挙げながら、今回のコロナ拡大と対策とつなげて、各ステージを追ってゆきましょう。

 

 

ステージ1)「無関心期」

 

「最近、太ったんじゃない?」と、彼/彼女に言われても、「え?気のせいでしょう?」と、まったく意に介さない状態。

ここはハッキリ言って、他人が何を言おうが、行動を変えることはあり得ません。

なぜなら、本人が「その必要を感じていない」から。
無関心な人に「変われ」と言ってもまったく効果は望めません。

 

コロナが中国で発症し、日本にも保菌者がやってきていても、「いやいや。私には関係ないから」「私は感染はしないから」と、まったくの他人事の状態がそうでした。

 

 

ステージ2)「関心期」

 

3カ月ぶりに体重計に乗ったときに、「おや?」」とショックを受ける。

あるいは、靴紐を結ぶときに、息苦しくなって「ヤバいかも」とショックを受ける状態です。

ここに来ていよいよ、息をゼイゼイさせながら、「自分はデブかも」「このままいくと、フラれるかも」と危機感を抱くステージです。

 

コロナ感染者が日に日に増え、著名な人たちまでも「感染しました」とか、亡くなったニュースなどを聞いて、ショックを受けるステージです。

日本で言えば、これは、やっと先週のことですね。

 

 

ステージ3)「準備期」

 

いよいよダイエットをする決心をします。

そして、周りにダイエットで成功した人を探したり、ダイエットに関する情報を集め出すステージです。

 

1日のコロナ感染者が東京で100人を超え、さすがに自分たちが爆発的感染に加担しているかもしれないことに気づき、小池知事や専門家からの情報を受け取り、精査している状態。

そして、安倍首相から「緊急事態宣言」を聞いて、やるべきことを理解する。

これは、まさにこの2~3日前から、さっきまでのことでしたね。

 

 

ステージ4)「実行期」

 

ダイエット開始です。

アプリを使ってワークアウトをする。食事制限をする。体重計に毎日乗る。

など、実際に行動に移したステージです。

 

いよいよ私たちは、コロナの爆発的感染を防ぐため、今ここにいます。

各都県からの指針をきっちりと実行する。

それだけです。

 

 

ステージ5)「維持期」

 

もっとも難しいステージです。

最初はモチベーションも高くワークアウトや食事制限をしているが、1週間経っても痩せない。

気持ちが折れそうになるステージとも言えます。

しかし、あるところを境に、一気に減量が進むのがダイエットです。

 

コロナの爆発的感染を防ぐため、安倍首相が「国民の協力をお願いします」と語ったのは、まさにこの「行動変容維持」が最も難しい、という裏返しでもあるかと思います。

しかし、このステージを淡々と、粛々と続けることが、必ず成果を生むことが、多くの研究でも証明されています。

 

 

行動変容の維持を継続するためのしかけ

 

ここからは当社のプリンシプルとなりますが、

行動変容を維持するためには、3つのしかけが必要です。

 

1)小さな成功体験

ほんの小さなものでも良いのです。

「やってみたら、うまくいった」という成功経験がぜったいに必要です。

「3日続けて体重計に乗った。自分はよくやってる。明日、もう一日体重計に乗ろう」くらいからでも良いです。

 

2)褒めやフィードバック

ひとりでやる行動変容は、孤独でつらい。だから、継続が難しいのです。

つまり、ダイエット中に、一緒にジョギングしてくれる人を探すということ。

ダイエットに取り組んでいる自分を褒めてくれたり、修正のアドバイスをしてくれたりする人を傍に置く、ということです。

 

3)行動を阻害する要因の排除

食卓の上、冷蔵庫から、いっさいの甘いもの排除するということです。

気持ちが途切れそうになる要因を、視界から消しましょう。

また、スイーツやビュッフェに誘ってくる友人とも、一時的に連絡をブロックするぐらいのことも必要です。

 

 

いかがでしょうか?

 

行動変容という言葉がにわかに日本中に行き渡っていますが、こうして見るとたいへん理にかなっていて、今こそ大切なコンセプトだと気づいていただけたのではないでしょうか。

 

 

今こそ、3つのしかけをすぐに用意して、行動変容に取り掛かりましょう。

 

きっと近い将来、「効果があったね」と胸をなでおろしているでしょう。

 

がんばりましょう。

 

 

行動変容についてもっと詳しく知りたい方は、当社の専門窓口にまでお問い合わせください。

service@re-flow.co.jp

 

 

2020/03/25

叱り下手のリーダーへ「STAR・ARフィードバック」<実践スキル編Ⅱ>

こんにちは。

 

今週の実践コーチングスキルは「STAR・ARフィードバック」です。

 

先週解説した「STAR」フィードバックに、「AR」が追加されています。

 

何が違うのか?

 

「STAR」は、褒めたいときに使えるフィードバック。

※詳しくは先週のコラムを↓

褒め下手のリーダーへ「STARフィードバック」<実践スキル編>

それにに対して、

 

STAR・AR」は、叱りたいとき、改善を促したいときに使えるフィードバックです。

 

うまく叱れない。。。

叱るときは感情任せになってしまう。。。

改善を促したとしても、まったく響いていない。。。

 

こうした悩みを抱えるリーダーは多いですよね。

 

そんなときは、こういう手順で「フィードバック」をしてみてください。

 

 

<改善を促したいときのフィードバック手順>

 

「S」situation(状況)

「T」task(やるべきこと責務)

「A」action(とった行動)

「R」result(結果)

 

ここまでは前回と同じ、さらに

 

「A」altanative action(改善策)

「R」altanative result(想定される結果)

 

ここまでです。

頭文字をとって、「STAR・ARフィードバック」です。

 

相手に改善を促さなくてはいけないとき、例えばこんなフィードバックをやってみてください。

 

「あなたはメンバーのSさんにシステムの運用法を教えていたとき(S/T)、

 

『まだそんなことも覚えてないの』と言ったね(A)。

 

Sさんはそれから、あなたに質問することをやめてしまったね(R)。

 

もっと良いやり方は、そもそもこのシステムが頻繁にアップデートされていて、覚えることがただでさえ多いと、あなたが認識することだよ(A)。

 

その認識に立ったうえで彼の状況を理解すれば、もっと彼の自尊心を守ることができ、スムーズに覚えてもらうことができるだろう(R)」

 

といった順に、

 

・まず事実を伝え(STAR)

・改善と想定を促す(AR)

 

この2つを柱に、伝えます。

 

 

「ダメだな!」「何度言ったらわかるんだ!」など、

改善を促すことに、激しい感情、激しい言葉は必要ありません。

 

これは「叱る」のではなく、「怒る」のです。

怒ると、相手は、「怒られた」ことしか記憶に残りません

「怖かった」という感情だけが、鮮明に残るのです。

いったい次にどうしたら良いのか、具体的な行動が描けないまま、ただ「あの人は怖い」と思うように、非生産的な関係性に陥ってしまいます。

 

 

そして、これは何よりも大切なので、覚えておいていただきたいことです。

 

フィードバックの受け手にとって、フィードバックはそもそも「心地の悪い」ものだ、ということです。

 

自分にとって「耳の痛い話」を聞かなければいけない状況になること自体、心持ちは良いはずないのです。

 

 

フィードバックはつまり、互いの信頼関係がないと成立しない、ということです。

 

 

もしも嫌いな上司、信頼できない上司、モラルのない上司にフィードバックされたら、いかがでしょうか?

 

わかりやすく言えば、ムカついて終わり、ですね。

 

「褒めたいときのフィードバック」よりも、「改善を促すフィードバック」は、特に、それをする側にとって覚悟のいることだ、ということを肝に銘じましょう。

 

 

ということで、先週より続いたフィードバックシリーズですが、

 

・褒めるときは「STAR」

・改善を求めるときは「STAR・AR」

 

以上を活用してみましょう。

 

感情任せの褒めや叱りよりも、効果は必ずあります。
※参考文献
https://www.ddiworld.com/products/interaction-management/star-feedback

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

愛する人に、本当のことを言われるよりは、

 

欺かれている方が、まだしも幸せなときもある

 

01

2020/03/19

褒め下手のリーダーへ「STARフィードバック」<実践スキル編>

今週ご紹介する<実践コーチングスキル>は「STARフィードバック」です。

 

うまく褒められない。
褒めても喜んでない。。。

うまく叱れない。
叱るときは感情任せ。。。

 

多くのリーダーに多い悩みですね。

そんなときは、こういう手順で「フィードバック」をしてみてください。

 

<褒めたいときのフィードバック手順>

 

「S」situation(状況)
「T」task(やるべきこと責務)
「A」action(とった行動)
「R」result(結果)

 

頭文字をとって「STARフィードバック」と呼ばれています。

特に褒めたいとき(ポジティブなフィードバックを送るとき)、シンプルに効果があります。

 

例えば、こんな褒め方です。

 

「あなたは、

先ほどのお客様からのクレームに対応したとき(「S」)

当部署のリーダーとして、担当のお客様でないにもかかわらず(「T」)

感情的な相手に対しても、まずは心のこもったお詫びをしていたね(「A」)

そのおかげで、お客様はすぐに冷静さを取り戻し、問い合わせ先が違っていたことを逆にお詫びし、御礼まで言っていたね

その行為は、皆にとって見本になるよ(「R」)」

 

といった順に、事実を追います。

 

よく言ってしまう「すごいね」とか「えらいね」だけだとは、ほとんどの場合、本人の記憶には残りません。。。

曖昧すぎるのです。

 

本人は一瞬気分が良くなるだけで、行為自体を次に活かすことができないからです。

大事なのは、みずからの行為が、どのような結果をもたらしたのかを、本人に「追体験」させることです。

それによって本人は、「自分の行為が好結果をもたらした」というストーリーをひとつ、手に入れられるのです。

 

それは、「行動強化」とも呼ばれ、その行動を自分のものとして今後、活用することが可能になります。

褒めるときは「STARフィードバック」。
ぜひ実践してください。

次の機会には、さらに上級編。


「叱る」ときに使える「STAR・ARフィードバック」をご紹介します。

コーチングで東京で人気の株式会社リバース・フロウのお知らせをご覧ください

ビジネスコーチングを受けたことのない方も、ひとりで解決できない課題があるなら、まずはお気軽にご相談ください。
個人の能力が高いはずのプロスポーツ選手にも、必ずコーチがついています。ビジネスコーチとは、クライアントの能力を引き出し、第三者的な立場から冷静にアドバイスを送り、親身になってビジネスの目標達成へと導く心強い存在です。
東京の株式会社リバース・フロウのお知らせページでは、各種メディアへの掲載情報や取材情報などもご紹介しております。どんな会社がどんなサービスを提供しているのか気になる方も、ぜひお知らせページにてご確認ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら