2020/04/15

行動変容は結果、「運」を上げる

 

こんにちは!
リバース・フロウの清原です。

 

緊急事態宣言から一週間が経過しましたが、

このような中でも、生活インフラを支えてくださっている方々には心から感謝いたします。

 

その際に発刊した臨時コラムでは、「行動変容ステージモデル」について解説しました。

現在は、行動変容の「実行期」にあり、「維持期」つまり定着させるまでには、3つのしかけが必要です、と。

 

 

 

今回は、「行動変容」についてのメリットをお伝えしていきます。

 

 

運が良くなる。

 

最大のメリットをひと言で言えば、これです。

 

 

はい。たしかに、「運」と言いました。

 

運とは何でしょうか。

 

それは、

 

自分を良く評価してくれる人が増える、ということです。

 

 

では、行動変容がなぜ運を良くするのかについて説明します。

 

 

運が良い人の特徴は、その行動にわかりすく出ます。それは、

 

 

周りの人のために、良い行いをする。

 

ということ。

 

つまり、「徳を積む」ということです。

 

 

周りの人ために良い行いをすると、周りには自分を良く評価してくれる人ばかりになる。

 

考えてみれば当たり前のことですが、これが、

徳を積むことは、自分の運を良する、ということです。

 

 

そしてこの「徳を積む」行為。

 

これこそが、「行動変容」なのです。

 

 

行動変容は、良い行いを身につけることですよね。

 

これはそのまま「徳を積む」行為となります。

 

そうなると、運が良くなる。

 

シンプルなロジックですね。

 

 

この時期、私たちのほとんどが、不要不急の外出を自粛し、「3蜜」を避け、人との接触を8割減らす努力をしながら(難しいですが)、生活をしています。

 

こうした行動変容が求められています。

 

しかし、中には、こうしたときに自己中な行動に走る人がいます。

自分には関係ないとばかりに、気分に従って、迷惑も顧みずにわがままな行動に走る。

 

こういう人たちに共通しているのが、「徳が低い」ということです。

良いおこないどころか、自己中なおこないです。

周りを良くする行為どころか、周りにとって迷惑な行為です。

 

他にも、この時期でなくても、いませんか?

・職場で終始不機嫌な顔をして、周りのモチベーションを下げている上司

・チームワークがなく、いつも周りに気を遣わせている同僚や部下

など。

 

こういった人たちは、その徳の低さゆえ、みずから運を手放しているわけです

 

皆様の周りに、もしも「運がない」人がいるとしたら、それはキチンとした理由があってのことなのですね。

 

 

 

私たちは今、行動変容という「積陰徳」が求められていると思ったらいかがでしょうか?

 

行動変容は孤独です。

 

人知れず、コツコツをやること。これはまさに「積陰徳」なのです。

 

皆さま、この時期だからこそ、周りにとって良いおこないをし、運を高める行動をしましょう。

 

その行為はメリットとなっては、必ず自分に戻ってきます。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

◆◇◆ 今週の箴言(しんげん)◆◇◆
(ラ・ロシュフコーより)

 

真の苦行とは、まったく人に知られることのない苦行である。

 

そうでないものは、虚栄心によって楽になる。

 

 

 

※図は「行動変容ステージモデル」

行動変容ステージモデル

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら