2016/05/01

「できないかもしれない」自信のなさは、じつは正しい(人材開発編①)

エグゼクティブコーチの清原です。

 

当社リバース・フロウの組織開発コンテンツ

『フローエンゲージメント™』から、

人材開発編をしばらくお届けします。

 

「私にはできないかもしれない」

 

「難しいと思います」

 

「自信がないんです」

 

 

ビジネスでもスポーツでも学校でも、こうしたセリフは

よく聞くし、自分の頭にも去来しますね。

 

そんなセリフを言う人に対して、こんなことを言っていませんか?

 

「そんな弱気なことを言うな」

 

「そんなネガティブな発言は聞きたくない」

 

「できないと思ってたらできない」

 

特に、自分を厳しく律してきたリーダーたちが、よく口にする

イメージがあります。

 

たしかに、言ってることは正しいし、事実、できないと思ってたら

できないですよね。

 

 

しかし、私はこう思います。

 

「できないかもしれない」という自信のなさ、迷いは、正しい。

 

人の直感はだいたいの場合、正しいのです。

 

悩む、迷うということは、それをできる術(すべ)、強みが

備わっていないことが、自分でわかっているから。

 

自分が持ちあわせていない武器で戦おうとするとき、人は悩み、

迷います。

 

 

ですから、この直感に襲われた人は、恐らく、本当にできないのです。

 

それを無視して、「いや、できるはずだ!」と言われても、最初に

降りてきた直感を打ち消すことはできません。

 

人はそれほど、こちらの思い通りにはなりません。

 

じゃあ、自信のなさ、迷いが生じている部下、選手に何と声を

かけたら良いのか?

 

例えば;

 

「“今は”できないと思ってるんだね。何が備われば、できるように

なるだろう」

 

「どこができないと思う? そして、どこならできると思う?」

 

「今と何が違えば、できると思えるようになるだろう?」

 

 

つまり、問題から、二つの視点を取り除いてあげてほしいのです。

 

視点①

「ずっとこのままできないものだ」

という視点

 

視点②

「この仕事(課題)は、最初から最後まで私には関われないものだ」

という視点

 

 

どうすればよいか?ヒントは、

 

①問題を見る観点を変える。

 

②問題を細かく分けて、できること、できないことで見させる。

 

③いつかできるようになるために、今の自分なら何ができるかを

見させる。

 

です。

 

 

 

自分にだって、努力しなくても取りかかれる部分があるんじゃないか?

 

 

こう思わせることから、自信を積み上げさせてみたらどうでしょうか。

 

person-1119527_1920

 

※近日中の主なスケジュール:
5月2日 風水コンサルティング(クライアントご自宅)
5月7日 エグゼクティブコーチング(大手メーカー 役員)
5月9日 SMBCコンサルティング ビジネスセミナー講演

 

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら