2016/06/01

マルチタスクのリーダーへ_集中習慣のヒント①

こんにちは。

エグゼクティブコーチ、チームビルダーの清原です。

 

マルチタスクが当たり前になっているビジネスの現場で、

いまさら「マルチタスクは脳機能に良くない」と言われても、

もう寝言にしか聞こえなくなりました。

 

マルチタスクを抱えることはもう前提。

 

当社コンテンツ【フローエンゲージメント™】は、

そんな状況の中で、いかに生産的な時間を作るのか、

を紹介しています。

 

原則として、

 

生産的な時間をつくりたいなら、集中する時間を

つくりましょう。

 

というものです。

 

今日から、そんな”集中習慣”を身につけるための、

ヒントをいくつかご紹介します。

 

ヒント①

ライフスタイルから見直す

 

つまり、仕事で集中する習慣をつけるために、

生活の習慣から見直す必要がある、ということです。

 

例えば、スマホとのつき合い方。

 

office-620823_1920

 

何の気なしに、ついスマホを触っている。

食事をしながら、スマホに触っている。

人の話を聞きながら、スマホを触っている。

夜、ベッドに入ってまでスマホを触っている。

 

世の中に携帯電話が出て、25年ほど経ちますが、

その携帯を取り入れたライフスタイルは、いまだ

確立していません。

 

それどころか、タブレットや軽量化されたPCの

登場で、マルチデバイスの生活が当たり前になって

います。

 

今一度、集中習慣を取り戻すために、こうした

デバイスとのつきあい方を見直しませんか?

 

例えば、

就寝30分前には、スマホから離れる。

就寝時はスマホをリビングに置く。

電車移動では、スマホでなく本を読む。

 

など。

 

なぜそこまでやる必要があるのか?

 

人の脳も体も、マルチデバイスをこなすようには

できていないからです。

 

しかも、当たり前ですが、休みたいときに

ちゃんと脳から信号が出るようになっているからです。

 

そして、それこそが、集中習慣を阻害している

要因だからです。

 

プロだったら、夜遅くまでスマホのブルーライトを

浴びたせいで寝不足になった、なんて洒落に

なりませんよね。

 

つきあい方を考えるのは、なにもスマホだけでは

ありません。

 

 

また、お酒のつき合い方も、そうです。

 

wineglass-553467_1920

 

 

翌朝に重い体を引きずるように起きた一日なんて、

とてもじゃないですが、生産的とはほど遠いですよね。

 

オトナなら、プロなら、

水分や食事とのバランス

時間の管理、

いずれも大切ですね。

 

集中習慣を身につけるには、まずはフィジカルを

健全に保つためのライフスタイルを考えなおして

みましょう!

 

仕事で素晴らしいアウトプットを出すのは、

それを支える生活習慣、ライフスタイルです。

 

 

お気軽にご相談ください^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら