2016/08/18

「大きな決断」ほどカッコ悪い理由

こんにちは。

エグゼクティブコーチ、チームビルダーの清原です。

 

暑いですね。。。

皆様、夏休みは終わりましたか?

思い思いに過ごし、今年も楽しい思い出を作られた

ことだと思います。

 

今日は、「決断」について考察しましょう。

 

 

リーダー、エグゼクティブにかぎらず、

 

「あのときの決断は、本当に勇気のいることだった」

 

「まさに、大決断だった」

 

などと人から聞くと、なるほど、だいたいは「美談」に聞こえますね。

 

 

でも私にとって、こういう大きな決断を、死ぬ思いでする人ほど、

ダメな人に感じてしまうのです。

 

なぜって、結論から申し上げます。

 

 

だって、こういう人たちって。。。

 

本当に必要だった「小さな決断」を、すべて見事にスルーしてきた

んじゃないですか?

 

そのときそのときの状況を見て、小さな決断を積み上げることを

怠けていたんですよ。今日もハッキリ言いますけど。

 

決断、というのは、あまり意識してするものではない、と私は

思っています。

 

こういう人たちの特徴というのは、自分を大切にして来なかった

ということです。

 

 

自分は何が好きで、どんなことがしたくて、何がほしくて、

どうありたいのか?

 

ということをあまり考えてこなかった故に。。。

 

そのときそのときに必要になる「小さな決断」ができず。。。

 

すべきだったそれら「小さな決断」が積み上がり。。。

 

まるで雪だるま式に膨れ上がって、結果、「のっぴきならない状況」

作る

 

という事態を、勝手に生んでいるのです。

 

 

だから、私はこういう人たちの話を聞くと、とても美談なんかに

思えないのです。

 

「ああ、よほど鈍い人なんだな」

 

と、心でつぶやくことにしています。

 

 

まあ、これが、自分一人のことならまだ良いのですが、

会社や家族を巻き込むことになれば、ただただ周りをハラハラ

させる、ただの「厄介な人」ですよ。

 

ましては、組織のリーダーであってほしくないですね。

 

 

こういうお仕事をしていますと、よく「人との関係性」について

議論になるのですが、

 

そのたびに私はクライアントにたずねることがあります。

 

それは、

「自分との関係性」にはどれほど目が行っているのか?

ということです。

 

自分とまっすぐ向き合っていますか??

 

そうすれば、ルビコンの川なんて渡らなくて済みますよ。

疲れますからね^^;

 

stop-sign-1174658_1920

 

お気軽にご相談ください^^

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社リバース・フロウ
info@re-flow.co.jp
http://re-flow.co.jp/new/
住所:東京都南青山2-2-15 ウィン青山942
TEL:03-6869-1439
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-4540-4327 営業時間 月~金曜日 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ

お問合わせ内容ごとにフォームを設けております。
以下のページよりフォームをお選びください。

お問い合わせはこちら